冬越しした楊貴妃メダカはでっぷり太ってた

ビニ―ル温室から出した睡蓮鉢は見やすくていいんだけど、姫睡蓮はまだこれからで水面が寂しい。そろそろ肥料をやらないとね。毎年、この時期にマグァンプ小粒を10粒ほど埋め込んでる。

楊貴妃メダカ-20170501-01

メダカを見てるとオスがもう交尾活動をしてる。でも、まだメスは抱卵してない。そろそろそういう時期なのかと抱卵していないか観察してるんだけどね。それにしてもどのメダカもデカイ。そろそろ寿命の歳のメダカがいそう。特にメスはかなり魚体がデカくなってるし。

楊貴妃メダカ-20170501-02 楊貴妃メダカ-20170501-03
楊貴妃メダカ-20170501-04 楊貴妃メダカ-20170501-05

苔島のシダも活動を始めたようだ。シダが苔島の日よけ傘になってくれると助かるんだけどなー。

楊貴妃メダカ-20170501-06

先日、ヒメタニシは冬越し出来てないかもって言ったけど、いました! ヒメタニシ! 数が減ってるから今年はヒメタニシにも気を遣うことにしようと思ってる。

楊貴妃メダカ-20170501-07 楊貴妃メダカ-20170501-08


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

なでしこ(ダイアンサスのテルスター)を育ててる

先月、緑化センターでもらってきたなでしこの種をまいて育ててる。花を育てることはあんまりないんだけど、せっかくもらったので他の鉢の植え替えのときのついでで7号鉢に種をまいてた。

 恒例の春の緑化センターに行ってきた その2

最初、なでしこの種類っていろいろあるなんて知らなかったけど、調べてみると、このなでしこはもともとの種類は違って品種改良された観賞用みたいだ。なでしこっていうよりダイアンサスって呼ぶ方が適してるらしい。種の袋の写真からすると四季咲きのテルスターっぽい。

なでしこ-20170423-01

種をまいて3週間ほど経つと芽が出てこんな感じになった。ここまで室内でクリップライトの光で育てた。

なでしこ-20170423-02 なでしこ-20170423-03

そろそろ間引きしないといけないんだけど、ダイアンサスは根が結構張るらしく、この7号鉢サイズで4,5株が限界らしい。間引いた中にもそこそこの株があるんでもったいないから、余ってるセルトレーと適当な土に移植してみた。

なでしこ-20170423-04 なでしこ-20170423-05
なでしこ-20170423-06 なでしこ-20170423-07

元の鉢はこんな感じ。うーん、やっぱ4株にした方がよかったかも。真ん中がいらないかなー。でも真ん中の株は良さそうなんだよね。

なでしこ-20170423-08 なでしこ-20170423-09

セルトレーはの方は保険として育てて、順調ならおすそ分けすることにしよう。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

温室から出したばかりの睡蓮鉢の苔島

暖かい日が多くなって来たので睡蓮鉢をビニール温室から出した。メダカたちは健在で、ミナミヌマエビも大量にいる。ヒメタニシはいないなー。まあ秋の時点で1、2匹の稚貝のみだったから今回はあきらめてる。

スレン鉢の苔島-20170423-01

冬越しした睡蓮鉢で一番目立つのは苔島。冬の温室がすごくあってるようでめちゃくちゃ調子いい。そのため毎年冬越しの度に大きくなってる。いつごろ作ったのか見てみたら4年前だった。

今年の睡蓮鉢はちょっと和風(ソーラー池ポンプ改)(4年前)
寒くなってきて睡蓮鉢の浮草や苔がすごく調子がいい(1年半前)

1年前と比べても一回り大きくなって手前にあった隙間が埋まってる。

睡蓮鉢の浮草や苔-20151107-04
1年半前
 スレン鉢の苔島-20170423-02
 現在

すごく綺麗でふっさふさ。でもこれから夏に向かって強い日差しと暑さで弱るんだよね。今年は日よけを作ってみようかなー。

スレン鉢の苔島-20170423-03 スレン鉢の苔島-20170423-04


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

モンステラの葉の綺麗な取り方

お店とかにインテリアとして飾ってあるモンステラの茎って葉が採れた痕がすごく綺麗。ウチでもそんな風にしたくていろいろ試した結果、この方法に落ち着いた。

まず、葉を取るときにどこで切るか。葉の茎の部分を葉柄って言うんだけどこれを切った後に手でつかめる長さをイメージして切る。ギリギリを切ると力が入りにくく取りにくい。ただし、長く残すと枯れ始めるのに時間がかかる。今回は写真の色になるまで1箇月以上かかった。

モンステラの葉の取り方-20170416-01 モンステラの葉の取り方-20170416-02

このくらいになると手でつかんでちょいとひねると「パキッ」といい音がして簡単に付け根から綺麗に取れる。

モンステラの葉の取り方-20170416-03 モンステラの葉の取り方-20170416-04

完全に枯れて茶色のカラカラになるとがっちりくっついてたりして綺麗に取れずに苦労する。葉柄がある程度柔らかい状態で取るといいみたいだ。

モンステラの葉の取り方-20170416-05

こんな感じで繰り返していき、背丈を下げる植え替えを続けていれば、以前失敗したとこも見えなくなって綺麗になるはず。まだまだ先の話だけど。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

カシスピューレとココアでツートンパウンドケーキを作ってみた

ちょっとパウンドケーキが食べたくなったんで作ることにした。ココアとカシスピューレがあるんで、この2つを使ってツートンカラーにしてみる。うまくいくかわからないけど。

ツートンパウンドケーキ-20170409-01

ツートンパウンドケーキ
パウンドケーキ型 テフロン型で容量900ccぐらい
卵 M2個
グラニュー糖 60g
薄力粉 150g
無塩マーガリン 100g
ベーキングパウダー 4g
ココア 大さじ1
カシスピューレ 20g


基本的な作り方はプレーンのパウンドケーキと同じ。生地全体に混ぜ物をするんで今回はベーキングパウダーを使った。

ベーキングパウダーを使わないでよく膨らむパウンドケーキ

ツートンパウンドケーキ-20170409-02

生地ができたら適量に分けてそれぞれココアとカシスピューレを混ぜてやる。あとから生地に混ぜると予想通り、泡が潰れて盛大に縮む。ベーキングパウダーを混ぜといて正解だった。次から、生地は別々に作って、ココアは薄力粉と、ピューレは溶かしバターに予め混ぜてやろうと思う。

ツートンパウンドケーキ-20170409-03 ツートンパウンドケーキ-20170409-04

出来た生地を型に順番に入れてやる。今回は生地が固めになったんで普通に入れても混ざることはなさそう。

ツートンパウンドケーキ-20170409-05 ツートンパウンドケーキ-20170409-06

170度で45分焼いてやる。ベーキングパウダーパワーでよく膨らむわ。

ツートンパウンドケーキ-20170409-09

焼きあがったら横にして少し冷ましてからラップをかけて本格的に冷ます。かなり冷めたら、冷蔵庫へ。

ツートンパウンドケーキ-20170409-07 ツートンパウンドケーキ-20170409-08

切ってみるとこんな感じ。やっぱりまだらになってる(^^; ちゃんと考えて混ぜないとだめだな。

ツートンパウンドケーキ-20170409-10 ツートンパウンドケーキ-20170409-11

カシスの色はグレーっぽくなってた。焼くとこんな色なのか? 味はというと、普通。それよりパサパサだ。うーん、分量を見直さないといけないな。次は混ぜ方と分量を見直して作ってみよう。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム