FC2ブログ

サボテンの紅小町を胴切りしてみた

うちのサボテンの紅小町、そろそろ7年ぐらい育ててるんだけど、美花角と一緒に初めてのサボテンだったこともあって最初の頃にクビレを作ってしまってた。最近はそのクビレを支点に大きく折れ曲がるようになってきたんで胴切りしてみることにした。

紅小町-20180813-01

春に咲いた花がらが残ってるんでそれを綺麗に取り除いておいた。

紅小町-20180813-02 紅小町-20180813-03

胴切りする前に下準備。鉢を横にしても土がこぼれないようにキッチンペーパーを詰め込んでテープで止めておく。サボテンをつかむのに革手袋をしていても針が指にぶっ刺さるんで厚くて硬めの緩衝材を使ってぐるぐる巻きにした。

紅小町-20180813-05 紅小町-20180813-06

カッターナイフもきちんと消毒しておく。

紅小町-20180813-04

サボテンを横にして切る位置を決めたら思い切ってざっくりやる。固そうなのにナイフを入れると思いのほかサックリ切れた。

紅小町-20180813-08

真っ二つに切った最初の感想は・・・「綺麗、お、美味しそう!」だった。切った感触から絶対にシャリシャリで食感が良さそう。と、かなりかぶりつきたい衝動にかられた。

紅小町-20180813-09 紅小町-20180813-10

切り口は乾燥すると縮んでへこむから鉛筆の様に円錐形にカットしておく。メイン上部だけでなく、下部も同様にカットしておいた。下部もそのまま育てて子株が出ることに期待。

紅小町-20180813-11 紅小町-20180813-12

切り口を殺菌しておいた方がいいんで、手元にある殺菌剤を切り口に塗っておいた。

紅小町-20180813-13 
紅小町-20180813-14 紅小町-20180813-15

この切り口を数時間から半日ほど日光に当てて殺菌と乾燥させてやる。上部の方は丁寧に扱いたいんで切り口以外は直射日光が当たらないようにカバーしておく。

紅小町-20180813-16 紅小町-20180813-17

その後は室内の直射日光が当たらない明るい場所に置いて2週間ほど乾燥させる。今はかなり暑い夏場なんでエアコンのかかってる部屋で乾燥させた。



2週間経つとこんな感じに切り口が凹んでほぼ水平になった。もっと尖らせておけばよかった。

紅小町-20180813-18

下部の方は元の日の当たる場所に置いて、水も遣って通常どおりの育て方に戻した。上部の方は上下を元の向きに戻して、直射日光が当たらない明るい場所で根が出るまでそのまま。胴切りから3週間経ったんで切り口をチェックしてみたけどまだ根は出ていなかった。これから1週間ごとにチェックして発根したら植え付けだ。

紅小町-20180813-19


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム