FC2ブログ

マキタ充電式クリーナーの後付けサイクロンは秀逸でリョービ掃除機にもOK

マキタの充電式クリーナーのCL107FDSHWを持ってるんだけど、同時にサイクロンアタッチメントA-67169も購入した。これがすごく便利。

マキタの充電式クリーナー-20180806-01 マキタの充電式クリーナー-20180806-02

サイクロンアタッチメントは掃除機本体とパイプノズルの間に挟み込んでやる。そうすると吸い込む空気の流れがサイクロンアタッチメントを通ってから本体に行く様になる。

マキタの充電式クリーナー-20180806-03 マキタの充電式クリーナー-20180806-04

吸い込んだゴミのほとんどがこのサイクロンアタッチメントの集塵ケースの底をくるくる回って溜まっていく。本体の紙パックにはゴミはあまり行かない。おかげで紙パックの交換の手間がずいぶんと省ける。

マキタの充電式クリーナー-20180806-05

何より、掃除機を使い終わったら掃除機を立てたまま片手で集塵ケースをつかんで外し、ゴミ箱にすぐにゴミをポイってできるのが気持ちイイ。

マキタの充電式クリーナー-20180806-06 マキタの充電式クリーナー-20180806-07

このサイクロンアタッチメントを付けたマキタの掃除機を使い始めてから、これが付いてない以前から持ってるリョービの掃除機BHC-1000を使わなくなった。本体の紙パックにゴミが溜まっちゃうからさ。そこで、リョービのBHC-1000にマキタのサイクロンアタッチメントを付けてみたら普通に付いて使えた。パイプの太さが同じ規格なんだろうな。さっそくBHC-1000用に追加購入した。

マキタの充電式クリーナー-20180806-08 マキタの充電式クリーナー-20180806-09

このマキタのサイクロンアタッチメントはすごくイイ。ゴミを吸ったのがわかるのが気持ちイイし、簡単にゴミを捨てられるのもイイ。何より紙パック交換の手間が省けるのがイイ。いい買い物をした。



さらにスタンドを買った。場所を取らないし、見た目もいい。何よりパッと手にして手軽に掃除機を使えるのがイイ。

マキタの充電式クリーナー-20181007-01

買ったのはこのスタンド、山崎実業の「クリーナースタンド 3275」。1500円ぐらい。

マキタの充電式クリーナー-20181007-02

同じ山崎実業に「クリーナースタンド 3273」ってのが2700円ぐらいである。どこが違うかっていうと安い方は4カ所のネジ止め作業が必要な組み立て式。高い方は溶接された完成品。オレは2個買うから安い方の3275にした。組み立てるのは簡単だけど、白い本体に銀色のネジが目立つ。外側に見えるネジの頭は商品に付属してる目隠しシールで隠すようになってるので目立たない。でも裏のネジの先はそのままなんでちょっと気になる。そこで、手持ちの車の塗料(タッチペン)を塗って隠した。100均のアクリル塗料でもいいと思う。

マキタの充電式クリーナー-20181007-03 マキタの充電式クリーナー-20181007-04

細部の美しさを求めるなら完成品の3273がイイと思う。自分で塗る人は3275で十分。ネジ止めでも強度にまったく問題ないしね。

  


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム