FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ PAGE TOP |

アクションカメラ(MUSON MC1A)のファームウェアを入れ替えてみた

先日外部マイク可に改造した激安アクションカメラなんだけど、撮影モードの1つフルHD(1920x1080)の30fpsのビットレートが32MB/sもあって、32GBのSDカードで2時間しか撮影できない。いろいろな場面の記録用に使うんで、ビットレートは32MBは多すぎ。だって同じフルHDの60fpsもビットレートは32MB/s。なので30fpsは半分の16MB/sのファームウェアに交換することにした。

アクションカメラ-20180217-01

参考にしたのはこのサイト。

engadget 残念4Kアクションカムのファームウェアを書き換えて遊んでみました(ウェブ情報実験室)

ファームウェアを入れ替えるだけだったら、上のサイトで紹介されてるソフトのインストールはいらないかもしれない。上のサイトでは「PhoenixSuit」ってソフトでファームウェアを書き込むようになってるけど、「PhoenixSuit」を使ったのは何もわからない最初だけだったから。

MUSON MC1Aの標準ファームウェアの起動ロゴはこんな感じ。

アクションカメラ-20180217-02
MUSON MC1A
Soc:AllWinnerV3
LCD:gc9305
イメージセンサー:imx179
Wifiチップ:XR819

アクションカメラ-20180217-14 アクションカメラ-20180217-15

上の参考サイトのファームウェアのリンクにずらっとリストがあるけど、AllWinnerV3、gc9305、imx179の組み合わせは最初のリストグループの茶色の3つ、「Crane (MGCOOL boot logo) 」だけ。最初、LCDがgc9305じゃないファームを入れて面倒なことになった。LCD(液晶)コントローラーが違うから本体背面の液晶にちゃんと映らないんだよ。MC1AにはHDMI出力が付いてるからそこからPCモニターに映して操作した(^^;

最初「PhoenixSuit」を使って、標準のファームウェアのバックアップを取って、LCDコントローラーが違うファームを「PhoenixSuit」でインストールした。ここでドツボにはまってしまった。まず、PCモニターに映すためHDMI変換コネクタを注文した。

micro HDMI変換アダプター HDMIケーブルをmicroHDMIサイズに変換
https://store.shopping.yahoo.co.jp/grandba/HDMI-to-microHDMI-windowstab-androidtab-adapter.html

次に「PhoenixSuit」でファームウェアが書き込めなくなった。それは、ファームウェアが変わったせいで本体サイドの上ボタンを押しながらUSBケーブルを接続するという手順で、MC1Aがファームウェアの記録領域を書き込めるモードに切り替わらなくなった。全てのボタンであらゆるパターンを試したけどだめ。ここでずいぶんはまってしまった。解決できたのは、ダウンロードしたファームウェアの説明テキストのおかげ。ファームウェアによってアップデート方法が微妙にことなるので手順が書いてあった。でも、ほとんどが、次の通り。

ファームウェア更新手順
1.目的のファームウェア「full_img.fex」ファイルをSDカードのルートに置く。
2.SDカードを挿して本体電源を入れる。
3.設定メニューの「ファームウェアのバージョン」を選んでファームウェアの詳細を表示させる。
4.本体サイドの上ボタンを押して離す。
5.ファームウェア更新の確認があるので了承する。

これでファームウェアの更新が始まる。ファームウェアによっては、本体電源を入れると自動的に更新が始まるものもある。その場合は、更新完了したらバッテリーを抜いて電源を切り、SDカードのファームウェアファイルを消しておく。そうしないと自動的に更新を繰り返したら、電源を入れるたびに更新が始まってしまう。ということで、「PhoenixSuit」なしでもMC1Aの標準のファームウェアでも上の操作で更新できたかも。

アクションカメラ-20180217-03 アクションカメラ-20180217-04
Sports XDVって汎用起動ロゴを使ってる機種のファームウェア

Sports XDVのファームウェアはメニューはすべて同じで、ビットレートも目的のものでOKなんだけど、本体サイドのボタンの上下が逆で使いにくい。そこで、こんどはCrane (MGCOOL boot logo)の一番下の「2017-08-17」のファームウェアを使った。するとサイドのボタン上下が正しくなった。

アクションカメラ-20180217-05 アクションカメラ-20180217-07
MGCOOLって機種のファームウェア

でもフルHD30fpsのビットレートが32MB/sに戻ってしまった。そこで、1つ古い「2017-06-20」のファームにしてみた。

アクションカメラ-20180217-06 アクションカメラ-20180217-08
アクションカメラ-20180217-09

すると、フルHD30fpsのビットレートは16MB/sになってくれた。どうやら、新しいファームウェアはどれもビットレートを増やしてフルHDの画質をなんとか上げようとしているみたいだ。それに1つ問題がある。Wifiが動いてない。WifiをONにしても電波を拾えない。

とりあえず、後回しにして起動ロゴと終了ロゴをスーパーマリオの画面に替えてみた。

アクションカメラ-20180217-10 アクションカメラ-20180217-11

MGCOOLのファームウェアを新しいもの(ビットレート32MB/s)にするとWifiが使える。でも、ビットレートが16MB/sの古いものにすると動かない。どうしようか。新しい方のファームウェアだとMUSONの初期ファームウェアと全く内容が同じで替える意味がないし。

アクションカメラ-20180217-12

結局、起動ロゴと終了ロゴを替えたMUSONのファームウェアに戻した(^^; ファームウェアの内容を書き換えるのはさらに面倒なんで、たぶんやらないだろう。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。