FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ PAGE TOP |

激安アクションカメラを買ってみた

去年の年末にセールで激安アクションカメラを買った。何かスポーツ中に撮影するってわけじゃなくて、仕事で記録するだけのことにでかいカメラを持って行きたくなかったんで、6千円弱でオプションてんこ盛りだったんで試しに買ってみた。買ったのはMUSONのMC1A。もう売ってない。

激安アクションカメラ-20180203-00  


しばらく問題なく使ってたんだけど、ちょっとスペックと実際に違うところがあって「あれ?」ってなった。たぶん普通の人は気づかない。オレの使い方では結構影響あるんで、ファームの上書きで済むだけだから修理を依頼したら、ファーム関係は出来ないんで代金返却ってことになった。そんなわけで無料のアクションカメラになったんで、気になってた音改善のためのマイク外付け改造を行った。

このサイトの解説を参考にして改造した。半田付けと穴あけだけなんで特に難しくはなくすんなりできた。
迂闊なやんじ日和 中華GoPro(SJCAM SJ4000)は外部マイク化すれば使える

激安アクションカメラ-20180203-01 激安アクションカメラ-20180203-02

完成したのがこれ。サイドの上下に穴をあけて、上は内蔵マイクを大きいものにしたんで外の音を拾う穴。下の穴が外部マイクのピンジャック。防水ケースには穴をあけていない。防水で使いたいし、防水下で音をとることもないしね。

激安アクションカメラ-20180203-03 激安アクションカメラ-20180203-04

マイクを付けるとこんな感じ。これは指向性マイク。数百円の無指向性マイクも買った。

激安アクションカメラ-20180203-05 激安アクションカメラ-20180203-06

これを記録用に使うときは、電源にモバイルバッテリーを使ってる。付属のバッテリーだと1個当たり90分ぐらい。長時間記録時に使ってるのはモバイルバッテリーといっても主目的は車のジャンプスターター。普段は車に積んでる。セールで4千円弱で買った。2時間撮影してもジャンプスターター充電量のランプはまったく減らなかった。



今回購入した6千円前後のアクションカメラは手に持ったままの撮影とかにはあまり適さない。手ぶれ補正が付いてないから。オレはそういう使い方をしないんで問題ない。手ぶれ補正でコスパがイイのはこっちのGitup Git2 Pro。最初はこれが欲しかった。今回の製品はめっちゃ安かったんで試し買いしたんだけど、もうこれでいいかな。







| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。