ブログとSNSの違い

ブログ勉強のためブログを開設してしばらく経った。まだブログのサービスや機能を使いこなしていないけど、SNS(ソーシャルネットワークサービス)との違いが大体つかめてきた。

大ざっぱにいうと、こんな感じかな。

ブログとSNSの特徴比較
発信範囲主なやりとり目 的他人とのネットワーク
ブログ広く一般に1対不特定多数情報の共有気軽な横への連鎖的な広がり
SNS特定の範囲1対特定小数コミュニケーション連帯感と排他志向の混在

ブログは元々、気になった記事やサイトを記録するウェブログ(ログ:記録)として1999年にアメリカでサービスが始まった経緯から、それら有益な情報を共有するという方向に広がり、HPよりも簡単に情報発信できるということとあいまって現在の日記のような使い方がメインになった。ユーザ間のネットワークはトラックバックをたどり、同じ情報を持っている不特定多数と共有する横の広がりで構築されている。またそこには必要以上のつながりは無く気軽に行ける。

一方、SNSはインターネットを使った友人同士の内輪の会話といった感じでスタートした経緯から、現在の高い利用率になり小さなグループという概念が失われつつも、特定の知り合いだけの閉じられたネットワークというイメージが持たれている。SNSは、仲間とコミュニケーションを取ることが目的のユーザーの集まりなので、日記にコメントをつけることで内輪で気軽にたわいの無い話ができる。ただし、コメントを付けることを前提としているユーザもおり、閲覧ルールについてトラブルも起こっている。

ブログ、SNS(内輪であっても)のどちらも情報を公開するので、相手とのトラブルや著作権肖像権、犯罪といった問題も多い。とくにSNSはネット初心者でも友達がいるから安心ということで、情報を発信するということの認識が甘いビギナーが入りやすく、それによるトラブルが頻繁に起こっている。

ブログやSNSでは特に著作権肖像権の侵害が多発しており、無法地帯になっている。権利者の許可を得ずに勝手に写真やイラストを借用し、著作権を意識していても「お借りしてます」って書けば良いと誤解している場合が多い。これは、格好いいフェラーリが停まってるのを見かけて、「格好良かったんで借りてます。ありがとうございます。」って書置きして、勝手に乗って行くのと同じこと。

また、SNSでは内輪だという誤解から、自分を特定できる個人情報を載せたり、同様に他人の情報を書いたり、犯罪行為を友達に自慢するとか、それらによって一般人だと思っていた自分が、思いがけず社会生活を送れなくなるという、ドラマのストーリーのような人から逃げる生活を余儀なくされるトラブルに巻き込まれる例が少なくない。大手SNSでは、内輪のサービスというシステムが崩壊し、不特定多数に広がってしまったサービスを、ユーザー自身に整理させるサービスを段階的に提供し、軌道修正を図ろうとしている。

ブログもSNSも不特定多数に公開されているということを意識する必要がある。そこにはモラルやマナーというものがあり、トラブルを避けるためにも次のことには注意したい。
  • 自分が特定できるものは載せない。
  • 他人の個人名や所属、写真を勝手に載せない。
  • 個人的な行為を安易に書かない。(例:飲み会でお酒飲んでバイクで帰った。)
  • 偏った感情的主張を記事にしない。(例:バイト先の客がキモチ悪い。)
  • 相手のコメント欄に不適切な内容を記入しない。
  • アクセスログにより、誰が書いたかの記録はサーバーに残る。
  • 一度、ネット上に情報が漏れると半永久的に消えることはない。

ネット上で非常に頻繁に次のようなことが起こり、実社会へトラブルが波及している。

ブログやSNSの日記に不適切な行為をうっかり書く
矢印
それを不快に思った中の1人が巨大掲示板に書き込む
矢印
犯人の個人特定が不特定多数により始まる
矢印
SNSのプロフィールや過去の日記で個人や場所、所属をしぼる
矢印
個人や職場への苦情、警察への通報

この間、たったの数日!

どちらもフリーのサービスだが、最近の不況による企業の広告費カットで広告収入が激減し、運営が厳しくなっている。特にSNSはサイトの自由度を少なくすることで初心者にも簡単に利用できるようにしてあるため、初心者、とくに若い女性ユーザーが半分以上を占めており、高機能を手供する有料サービスへの移行がほとんど無い。そのため、サイトの収入が増えず、運営危機に陥ってるSNSが出てきた。

→「タダが当たり前」の時代は終わる? カフェスタが「お金払って」と呼び掛けた理由(ITmedia News 2008.12.15)

ということで、ブログとSNSの特徴の違いはあれども、使い方や気をつける点は今ではあまり差はないと言っていいだろう。純粋な使い方の選択としては、まったり気軽に日記をかくならブログ、友達と日記の内容について気軽に話したいならSNSといった感じだろうか。
| trackback:1 | ▲ PAGE TOP |

日本人の血液型の割合順って


今朝のニュースで金メダルを連覇した選手はB型ばかりって話が出てて、そのときに日本人の血液型の割合からすると・・・ってことで、初めて正しい血液型の割合を知った(^^;

AはAAとAO、BはBBとBO、OとABはOO、ABだけだから、勝手にずーっとAかBが多くて、O、ABの順だと思ってたら、

日本人の血液型割合(30万人調査)
 A・・・38.2%
 O・・・30.5%
 B・・・21.9%
AB・・・ 9.4%
(遺伝血清学、W.ゲーラー著、学会出版センター、1979年より)

 Bが少ねぇー(@o@) Oが多い! OってA、Bに対して劣勢なのに多い! すげー意外。この割合は統計学上の計算式があって今でもほとんど変わらないんだってさ。B型って多いイメージがあるのは前へ前へ出るから印象が強い?(^^; でも、B型はノロウィルスに感染しにくいらしい。
[All About]家庭の医学 ノロウイルスに感染しない血液型!
http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20061221N/index2.htm

今度この本でも買ってみるかな。血液型別性格診断とかまったく信用してないけど、暇つぶしにはなりそうだ。 「*型人間の頭の中」 世間では売れてるらしい(すでに過去形か?(^^;)
http://mooo.jp/ybga

こんなアンケート結果ページがあった。
http://reserve.resort.co.jp/reservation/wonder/enquete/enquete2005/2006_03.html
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

Yahoo!が落ち目のわけがわかってスッキリ&黒人演歌歌手ジェロ



米Yahoo!がマイクロソフトに買収を持ちかけられて、でも、徹底抗戦!というニュースが流れてしばらく経つ。買収されるところというのは、だいたい企業が弱って経営が危ないとこってイメージ。Yahoo!といえば、巨大ポータルサイト(インターネットの入り口となる総合ページ)としてその名を轟かせ、以前はそのものすごい成長率で株価が跳ね上がり、ストックオプション(社員が株を持つこと)で社員がみな大金持ちになったことで有名だ。

そのYahoo!が買収対象って!?と思い、いろいろネットを探すが、そんなにしっくりする話が見つからない。今日、それがやっとすっきりした。日本ではまだまだポータルサイトとしてはトップシェアだけど、アメリカでは10~20%らしい。Googleが60%ぐらいのシェアなんだって。で、利益はというと、利益は上げているものの米Yahoo!はGoogleなどに比べて利益率がかなり低いらしい。

現在のポータルサイトとしての収入は検索連動型が花形なんだって。検索といえばGoogle!これは間違いない。かたくなに検索一本で進んできたGoogleがここにきて、それが日の目をあびることになった。一方、米Yahoo!は検索エンジンでは出遅れており、ユーザーを集めるためにいろいろなサービスに手を出したけど、コストは掛かった割に利益がそれほど上がらない。それで、Googleに水をあけられてる。ヤフオクは米Yahoo!では去年つぶれてるんだよ。

米Yahoo!って書くのは、日本のYahoo! JAPANは好調だから。利益率もいい。米Yahoo!はマイクロソフトに買われるんだろうか。その準備としてマイクロソフトが今まで市場を独占するために公開を渋ってたWindowsやOfficeのコードを公開して、Yahoo!買収の批判を避けようとしてるみたいで、かなり本気みたいだ。

■黒人演歌歌手ジェロ
黒人演歌歌手でデビュー前から話題になってたジェロ。スゲー声がイイ!ウマイ!ズンドコ節の兄ちゃんヤバイよ。ジェロの方が上手く聞こえる。

[Youtube]ジェロ - 海雪
http://www.youtube.com/watch?v=CwTFJ-Vwbgs

あー、しんどい。今日はかなりしんどい、体調がよくない。周りの風邪が移ったのかも。。。 明日はちょっとキツイ日なのにタイミング悪いなー(--;
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

デジカメや携帯カメラの画像に埋め込まれてる情報は危険?



左の写真:Biz.IDより

デジカメの写真にはExif情報というデータが埋め込まれてる。写真を撮ったときのカメラの設定や日時など。

大昔に、デジカメの画像を携帯で表示させようとしたら、そのままでは携帯が「この画像は自分が撮った画像じゃない!」って表示を拒否するんで、Exifヘッダを書き換えて携帯をダマくらかした覚えがある。

このExif情報、カメラの機種、撮影日時、絞り、シャッタースピードなんかがあるんだけど、その中で「撮影日時」が問題となってネット上であるファン層に疑惑の念が広がっているらしい。それはある人気声優が、ブログでファン向けにクリスマスのアリバイ工作を行ったのでは?というもの。ブログにアップした写真のExif情報でバレた?らしい。人気のある人たちはいろいろたいへんだ。

[narinari.com]人気声優・平野綾がブログでアリバイ偽装? 悲しみや怒りの声も。
http://www.narinari.com/Nd/2008028786.html

人気者じゃない一般人はカンケー無いYO!(^3^)~♪ って、実はそうでもないらしい。オレは携帯はいつも4、5年は使うので、古いからGPSなんてものは付いてないんだけど、GPSケータイで写真を撮ったとき、場所がわかるようにワザと位置情報をExifに含めることもある(旅行先の絶景ポイントを人に教えるためとか)。 それを忘れて、うっかりその画像をネットにそのままアップすると正確な位置がバレる危険性がある。その写真を撮った場所が家だったら、一発で家がバレるってこと。そういううっかりが無いように工夫されてる携帯もあるみたいだ。

[はてなダイアリー]Exif
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Exif

[Biz.ID]研修で教えてくれない!:第22回「デジカメ画像のExif情報を消す方法」
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0711/06/news009.html

今日の晩ごはんは、インゲンとベーコンのパスタ、ポテトサラダプチトマト添えを作った。ちょっと盛り付けをキレイにしてみた(^^) 横にはプチトマトに囲まれたポテトサラダが添えてある。あっさりヘルシーでおいしかった(^▽^)
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

世界最大の花タイタン・アルム・・・ラフレシアは?



[世界で一番大きな花が開花=豪]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061103-00000051-jij-int
「世界で一番大きな花として知られる「タイタン・アルム」が・・・」

 アレ?世界で一番大きな花ってラフレシアじゃねーの?抜かれた?・・・って、そう簡単に変わらないよな(^^; どういうことだ? 小さい頃から世界最大の花、ラフレシア、赤黒いデカイ花で匂いが臭いって覚えてたんだけど。気になって調べてみた。

 タイタン・アルム(写真左)はスマトラオオコンニャクって和名で、花序(かじょ)と仏炎苞(ぶつえんほう)の複合体は最大で高さ2.6m、直径1.5mに達する世界最大の花。死体の匂いと同じぐらい臭いので死体花って言うらしい。
 ラフレシアは(写真右)ラフレシア・アーノルディって言うのが最大種で、花は直径90cm程にも達する世界最大の花。こっちも見た目のグロさ通り、汲み取り便所のような臭い匂いがするんだって(^^;

 で、どっちがデカイかっていうと、写真や下のWikiのサイズで見るとタイタン・アルムの方がデカイ。小さい頃から覚えてたことが違ったのかと思うとなんかガッカリ(´・ω・`)
 と思ったら、タイタン・アルムの花序(かじょ)って言うのは花の集合体。それと直径を大きく見せてる仏炎苞(ぶつえんほう)って言うのは花を包んでいた葉っぱ。でも集合体とはいえ、圧巻の大きさだ。
 ラフレシアは単体の花として世界最大の花ってことで間違ってなかった(^ー^) でも、ギネスブックに載ってる世界最大の花はタイタン・アルムなんだって( ゚д゚)、チッ

 ま、両者ともデカさだけでなく臭さも世界一ってことだ(^^;

[Wikipedia-ラフレシア]
http://mooo.jp/xm8g

[Wikipedia-スマトラオオコンニャク]
http://mooo.jp/7f2k

[Wikipedia-花序]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%BA%8F

[Wikipedia-苞]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E7%82%8E%E8%8B%9E
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム