FC2ブログ

マリホ水族館に行ってきた

マリホ水族館の近くに用があったので、いい機会だし初めてのマリホ水族館に行ってみた。できたばかりの頃にやはり用事のついでに寄ってみたら、入口からすごい長蛇の列で入るのを断念してた。こんな小さな規模の水族館にあり得ない人の量だったんで。今回は土曜の11時前だったんだけど、ガラガラだった。まだ早いのかマリーナホップ自体に人がいなかった。

マリホ水族館-20190316-01 マリホ水族館-20190316-02
マリホ水族館 http://mariho-aquarium.com/

入館料は大人1人900円。中に入ると中型サイズの水槽から始まる。ちょっと特徴がないけど出迎えの水槽って位置付けかな。

マリホ水族館-20190316-03 マリホ水族館-20190316-04
マリホ水族館-20190316-05 マリホ水族館-20190316-06

その横に小型水槽が並んだ通路があり、水族館らしくなってる。ただ、小型水槽は水槽内に配置してあるインテリアのせいで生態が見えないもの少なくなかった。

マリホ水族館-20190316-07 マリホ水族館-20190316-08
マリホ水族館-20190316-09 マリホ水族館-20190316-12
マリホ水族館-20190316-10 マリホ水族館-20190316-11

入口から縦のものちょうど反対側にあるのが大水槽のラグーン水槽。小さな水族館にしてはりっぱな大水槽だ。

マリホ水族館-20190316-13

土曜日だったんで入館した直後の11:00からディスカバリーアクアってショーが始まった。これに合わせてか急にお客が増えた。実際に水槽内にダイブするスタッフがダイビング機器と一緒に紹介されて水中に入るっていうちょっと面白い始まり方だった。

マリホ水族館-20190316-14 マリホ水族館-20190316-15



魚の種類は多くはないけど、それぞれは特徴的でショーは見ていてとても楽しかった。

マリホ水族館-20190316-16 マリホ水族館-20190316-17
マリホ水族館-20190316-18

ショーの後もダイバーは水槽内に残ってサンゴの掃除をしてた。ショーは終わったから水槽のそばに寄って構わないんでちびっ子がダイバーのそばに群がってた(^^)

マリホ水族館-20190316-19 マリホ水族館-20190316-20

このショーがあるからこそマリホ水族館は満足できるといってもいい。ショーが無い時間に行くと、あっという間に出口で不完全燃焼になると思う。ショーがある時間に行くべき!

ディスカバリーアクア(2019年3月時点)
平日 ①13:30~ ②16:00~ 各日2回 約10分
土日祝 ①11:00~ ②13:30~ ③16:00 各日3回 約10分

大水槽の反対側にクラゲを集めた部屋がある。小さなくらげとかクリオネとかいた。

マリホ水族館-20190316-21 マリホ水族館-20190316-22
マリホ水族館-20190316-23

大水槽を過ぎると小さな水槽が並んでいて、綺麗なエビや人気者のチンアナゴなどがいる。チンアナゴとニシキアナゴはどこでもだ人気だ。

マリホ水族館-20190316-24 マリホ水族館-20190316-25
マリホ水族館-20190316-26 マリホ水族館-20190316-27
マリホ水族館-20190316-28 マリホ水族館-20190316-29

順路の後半は淡水ゾーン。渓流水槽はほとんどが渓流の水しぶきで真っ白(^^; 端の方にアマゴが固まってた。アロワナとナマズも定番。ナマズのひげが海老みたいだった。

マリホ水族館-20190316-30 マリホ水族館-20190316-31
マリホ水族館-20190316-32 マリホ水族館-20190316-33
マリホ水族館-20190316-34

出口前にはカクレクマノミがいた。浅い水槽で上と横からすごく近くで見れるようになってる。反対側には1回100円でおみくじもあった。ここはネタのようなコーナーって印象。出口を通過すると入り口の水槽前に出てくるのでもう一度見て回ることができる。

マリホ水族館-20190316-35 マリホ水族館-20190316-36

出口には小さな和風の庭があって池に鯉がいる。こんな雰囲気の庭、大好き(^^)

マリホ水族館-20190316-37

その先は水族館のショップに繋がってる。小さな水族館だけどショップは大きい。大水族館並の広さだ。

マリホ水族館-20190316-38 マリホ水族館-20190316-39
マリホ水族館-20190316-40

マリホ水族館は、小さいけどショーが楽しい雰囲気で満足感があった。年間パスが安いのでマリーナホップに買い物に来たファミリーが子供と一緒に寄るって感じだろうな。そういえば、水族館の定番のタッチングプールは無かったな。同じマリーナホップ内にあるいきものふれあい学校に任せてるのか。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その3

シロイルカのパフォーマンスプールが改装中でシロイルカショーが長期お休み中の今、写真展をやってる。ちょっとびっくりしたのがイルカって脱皮するんだね。ということはシロナガスクジラも脱皮するのか。すごいな。

しまね海洋館アクアス-20180102-01 しまね海洋館アクアス-20180102-02

ペンギン館に移動するまで両生類やアジアやアマゾンの魚の展示が点々としてる。毎回、このレッドテールキャットは迫力があって見入ってしまう。

しまね海洋館アクアス-20180102-03 しまね海洋館アクアス-20180102-04

ここがペンギン館の2階の屋外プール。左隣には屋内プールもある。屋外の方はフンボルトペンギンだ。

しまね海洋館アクアス-20180102-05 しまね海洋館アクアス-20180102-06

屋内プールはオウサマペンギン、イワトビペンギン、ジェンツーペンギンがいる。同じオウサマペンギン属のコウテイペンギンにそっくりだけど微妙に違うらしい。ジェンツーペンギンは可愛いな。

しまね海洋館アクアス-20180102-07 しまね海洋館アクアス-20180102-08

オウサマペンギンは大きくて威厳を感じるなーと思っていたら右端にむさくるしい塊が・・・。しれっと並び立ってる。

しまね海洋館アクアス-20180102-09

いや、子供って知ってるけど、せめて半分ぐらいの大きさならもふもふしてかわいいって思うのに。・・・デカイ。

このプールの横の通路を下り進むと1階にペンギンホールがある。屋外プールと屋内プールの下にある広い部屋だ。ベンチに座って休憩しながら水面と水中を泳ぐペンギンを下から横からゆっくりと見られる。


しまね海洋館アクアス-20180102-10 しまね海洋館アクアス-20180102-11

アクアスのペンギン館1階のペンギンホールです。水中を泳いでいるペンギンをいろいろな角度で見れます。 - Spherical Image - RICOH THETA

ペンギン館の1階を抜けると本館の2階の屋外に出る。ここにはシロイルカプールとアシカ・アザラシプールがある。シロイルカプールは普段の展示プールで、改装中のパフォーマンスプールとは別。ここは2階に上がってテラスからプールをのぞいた様子。スタッフの方が働いてるところが見える。

しまね海洋館アクアス-20180102-12 しまね海洋館アクアス-20180102-13

1階の鑑賞ホールはこんな感じ。横に小さいプールがあって、子供のシロイルカも見れるけど、いつ来ても端っこにいてシロイルカは見えにくい。

アクアスのシロイルカプールです。パフォーマンスを見せるプールではなくて普段の様子を観覧するプールです。 - Spherical Image - RICOH THETA

ここは静かなのでシロイルカの鳴き声もよく聞こえる。水中マイクで声を拾ってスピーカーから流してるみたい。



最後にアシカ・アザラシプール。ここは日に何回かショーをやってる。この日は見なかったけど。そんなに大きなプールじゃないんで目の前をアシカやアザラシが通り過ぎたり、止まってこっちを見たりしてくれるのでショー中じゃなくても楽しめる。

しまね海洋館アクアス-20180102-17
しまね海洋館アクアス-20180102-15 しまね海洋館アクアス-20180102-16

アシカ・アザラシプールが順路の最後。2階のミュージアムショップのところに出て来るんでお土産を買ったりするといい。それに至るところに前の方に戻れる階段があるんで、改めて見直すこともできる。

しまね海洋館アクアス-20180102-18

アクアスは目の前に海があって大きな砂浜があるんで砂浜を歩いてみたり、隣接するおまけの施設に寄ったりするのもいい。

しまね海洋館アクアス https://aquas.or.jp/



久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その1
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その2
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その3


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その2

アクアスでもっともインパクトのある水槽の1つ、神話の海の大水槽。すごく大きくて広い空間だ。

しまね海洋館アクアス-20171230-01

大きい水槽なのに静かにゆっくりと見ることができる結構好きな場所だ。

しまね海洋館アクアス-20171230-02 しまね海洋館アクアス-20171230-03

アクアスの神話の海の大水槽です。 - Spherical Image - RICOH THETA

アクアスの神話の海の大水槽にある海底トンネルです。 - Spherical Image - RICOH THETA

親和の海を越えると1階フロア最後に創造の海の部屋がある。ダイオウイカのホルマリン漬けが展示してある。色がちょいキモイ。

しまね海洋館アクアス-20171230-04

2階に上がると1階入り口すぐの石見万葉の磯の水槽を上から見れる。このフロアにはミュージアムショップや喫茶コーナーがある。でもこのときは、アクアスの目玉のシロイルカのパフォーマンスプールが改修中で、どうやらタッチングプールも改装してるみたいで工事中の壁だらけ。

しまね海洋館アクアス-20171230-05

アクアスの2階のミュージアムショップ前です。2017年末だったのでシロイルカのパフォーマンス水槽は改修中です。 - Spherical Image - RICOH THETA

お店をちょっと覗いてすぐ3階へ。最初に暗い部屋に天井まであるコーラルリーフ(サンゴ礁)の大水槽がある。

しまね海洋館アクアス-20171230-30

いろいろなサンゴがあってすごく綺麗。サンゴ礁にいるカラフルな魚がいっぱいでトータルで見た目が美しい水槽だ。

しまね海洋館アクアス-20171230-06 しまね海洋館アクアス-20171230-08

ここからは世界の海ゾーン。3階は世界のいろいろな地域の特徴的な魚が展示されてる。

しまね海洋館アクアス-20171230-09 
しまね海洋館アクアス-20171230-10 しまね海洋館アクアス-20171230-11

ここにはひっそりとスタッフの仕事紹介のパネルがある。これってちゃんと更新してるんだろうか。

しまね海洋館アクアス-20171230-12

日本名ではトビハゼと呼ばれるマッドスキッパー。水から上がっているのでよく観察できる。

しまね海洋館アクアス-20171230-13 しまね海洋館アクアス-20171230-14

こっちはマングローブとテッポウウオ。上から見れるんで狙い撃ちされる虫からはどんな感じに見えるんだろうと見てみた。ただ、テッポウウオなんでいつ水が飛んでくるかもとちょっとドキドキした。実際には暗い背景に目立つ色の虫じゃないと撃たれないんだけどね。神戸市立須磨海浜水族園の食事ショーで見たことがある。

しまね海洋館アクアス-20171230-15 しまね海洋館アクアス-20171230-16

こちらはルリスズメダイがいっぱいいる水槽。構造色で青色に発色してて色鮮やかだ。上見が綺麗。それとニシキアナゴとチンアナゴ。

しまね海洋館アクアス-20171230-17 しまね海洋館アクアス-20171230-18
しまね海洋館アクアス-20171230-19 しまね海洋館アクアス-20171230-20
しまね海洋館アクアス-20171230-21 しまね海洋館アクアス-20171230-22

この先にも世界の魚の展示が続く。

しまね海洋館アクアス-20171230-23 しまね海洋館アクアス-20171230-24



久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その1
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その2
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その3


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その1

しまね海洋館アクアス久々に行ってみた。といっても2年ぶりだったみたいだ。寄る機会は何度もあったんだけどずっとスルーしてたんで久しぶりって感じがしてた。

しまね海洋館アクアス-20171229-01

しまね海洋館アクアス https://aquas.or.jp/

入ってすぐの石見万葉の磯の水槽。明るくてすごく魚が近い。

しまね海洋館アクアス-20171229-02

上から見るとこんな感じ。水槽のアクリル板が超分厚くてびっくり。

しまね海洋館アクアス-20171229-03 しまね海洋館アクアス-20171229-04

石見万葉の磯の魚たち。シマフグ、トラフグ、ハリセンボン。いやーフグがいっぱいだ。ハリセンボンが人懐っこい。

しまね海洋館アクアス-20171229-05 しまね海洋館アクアス-20171229-06
しまね海洋館アクアス-20171229-07 しまね海洋館アクアス-20171229-08

ここがアクアスの最初の日本海ゾーン。磯に住む魚が展示されてる。

アクアスの日本海のマイワシ円柱水槽の前です。 - Spherical Image - RICOH THETA

ここで一番目立つのはやっぱりこの円柱水槽のマイワシの群れ。



このフグはヒガンフグかな? こいつもなかなか可愛い。

しまね海洋館アクアス-20171229-10 しまね海洋館アクアス-20171229-11
しまね海洋館アクアス-20171229-12 しまね海洋館アクアス-20171229-13

ここからは島根の海の後半。大きめの水槽にトビウオが泳いでる。観察してるとときどきヒレを広げる様子が見れる。

しまね海洋館アクアス-20171229-14 しまね海洋館アクアス-20171229-17

島根の海底にダイオウグソクムシっているんだね。ひっくり返ってる様子がゴキみたいだ。自然界ではどうするんだろ。

しまね海洋館アクアス-20171229-15 しまね海洋館アクアス-20171229-16

日本海ゾーンの最後は無脊椎たち。タコがめっちゃ悪そうな感じでゲームかよって思った。最後のクラゲの写真はアニメーションGIFにしてみた。

しまね海洋館アクアス-20171229-18 しまね海洋館アクアス-20171229-19
しまね海洋館アクアス-20171229-20 しまね海洋館アクアス-20171229-21

ここで日本海ゾーンが終わり。ここまででも十分楽しめた。ここから次の神話の海の大水槽フロアが見える。

アクアスの日本海の展示の終わり、神話の海の大水槽の手前です。 - Spherical Image - RICOH THETA




久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その1
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その2
久々にしまね海洋館アクアスに寄ってみた その3


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

宍道湖自然館ゴビウスに再び行ってみた その3

最後の「あそびっ湖 まなびっ湖 ひろば」にはタッチングプールがある。淡水汽水の水族館らしく、淡水のタッチングプールだ。それに特別展の縁結び関連の展示が周囲にある。

ゴビウスのタッチプールがあるあそびっ湖まなびっ湖ひろばです。 - Spherical Image - RICOH THETA

そのタッチングプールはこんな感じ。ドクターフィッシュとザ・リ・ガ・ニ。

ゴビウス-20171220-1-01 ゴビウス-20171220-1-02

いやいや、アメリカザリガニのタッチングプールってスリリングだろ。触ったことのない子供には度胸試しのデンジャラスゾーンだな。

ゴビウス-20171220-1-03 ゴビウス-20171220-1-04

タッチングプールを囲む壁沿いに鳥居デザインの水槽がある。

ゴビウス-20171220-1-06 ゴビウス-20171220-1-05

その水槽に展示されてる生態はどれも印象的だ。

ゴビウス-20171220-1-07 ゴビウス-20171220-1-08

まんまるのカニは最初、分厚い貝かと思った。よーく見てみるとカニだ。饅頭ガニって名前が頭に浮かんだけど、調べてみるとそれは昔の名前で今の名前はカラッパっていうらしい。

ゴビウス-20171220-1-09 ゴビウス-20171220-1-10
ゴビウス-20171220-1-11 ゴビウス-20171220-1-12

「あそびっ湖 まなびっ湖 ひろば」から出口に向かうと、最後の大きな水槽が通路の両脇にある。結構デカイ魚がゆったり泳いでる。

ゴビウスの最後にある大型水槽です。 - Spherical Image - RICOH THETA

ここを抜けたら出口だ。前にも思ったけどスゲー寂しい出口。勝手口から外に出た感じだ。

ゴビウス-20171220-1-13



宍道湖自然館ゴビウスに再び行ってみた その1
宍道湖自然館ゴビウスに再び行ってみた その2
宍道湖自然館ゴビウスに再び行ってみた その3


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム