生クリームを使わないカルボナーラ

先日、初めて生クリームを使ったカルボナーラを作ったけど、いつもはこっち、生クリームを使わないローマ風カルボナーラ。濃厚ですごく好き。ということで作ってみた。材料はこんな感じ。

生クリームを使わないカルボナーラ-01

ローマ風カルボナーラ(1人分)
パスタ ディ・チェコ ペンネリガーテ(13分) 80g
オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片
ベーコン 2枚
白ワイン 大さじ1
じゃがいも 小1個
卵 全卵1、黄卵1
粉チーズ 大さじ2.5~3
粗挽き黒コショウ 適量


まずは水1Lに塩10gでお湯を沸かし始める。お湯が沸いたらすぐにパスタを投入する。フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくをつぶしてカットしたらとろ火でじっくりにんにくの香りをオイルに移す。

生クリームを使わないカルボナーラ-02

その間に下準備。ベーコンを適当な大きさに切り、ジャガイモも小ぶりに切って水に5分ほどさらしておく。卵は片方は全部、もう片方は黄身だけを入れて溶いておく。

生クリームを使わないカルボナーラ-03

溶き卵に粉チーズを加えてダマにならないよう良く混ぜ、粗挽き黒コショウをたっぷりと入れて混ぜておく。

生クリームを使わないカルボナーラ-04 生クリームを使わないカルボナーラ-05

にんにくがきつね色になったらフライパンから取り除いて、ベーコンをカリカリになるまで炒める。焦げ目がしっかりついたら、白ワインを加え、アルコールが飛んだらパスタの茹で汁を大さじ1~2ほど加える。よく混ざってオイルがとろとろになったら火を止めてフライパンを冷ましておく。

生クリームを使わないカルボナーラ-06 生クリームを使わないカルボナーラ-08

パスタの茹であがる6分前にじゃがいもを鍋に入れて一緒に茹でる。

生クリームを使わないカルボナーラ-07

パスタが茹であがったら、冷めたフライパンに入れてオイルとよくからめる。そこに溶き卵を加える。フライパンが良く冷めてる方が失敗しなくていい。ここで火をつける。弱火で素早くかき混ぜながら卵が半熟になるまで加熱する。火が強いと、一部分だけが固まるので、とろ火から弱火で熱が均一になるよう速く混ぜ続ける。最初に味を確認して整えておく。混ぜ続けていて卵が半熟になり始めると、いきなり混ぜる手が重くなるので、重くなったら出来上がり。素早く皿に盛る。

生クリームを使わないカルボナーラ-09 生クリームを使わないカルボナーラ-10

濃厚なカルボナーラの完成。超オウマイ。これが好きなんだよなー。とろとろの卵の濃いソースがおいしい(^^) やっぱカルボナーラはローマ風が好きだ。

生クリームを使わないカルボナーラ-11


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ホウレン草とツナのクリームパスタ

クリーム系のパスタが食べたくて、ホウレン草とツナでクリームソースパスタを作ってみた。材料はこんな感じ。ホウレン草は冷凍で切ってあるんで今回は包丁をまったく使わない。この冷凍ホウレンソウはいろいろ使い勝手がいい(^^)

ツナとホウレン草のクリームパスタ-01 ツナとホウレン草のクリームパスタ-02

ホウレン草とツナのクリームパスタ(1人分)
パスタ ヴォイエロ1.4mm(5分) 90g
バター 10g
ツナ 1/2缶
ホウレン草 1人分
生クリーム 50cc
パルメザン粉チーズ 大さじ1
塩コショウ 適量


まずは水1Lに塩10gでお湯を沸かし始める。生クリームをフライパンに入れるときにパスタの茹で汁が使えるようにしておく。ホウレン草はレンジで解凍。フライパンにバターを入れてツナを弱火で炒める。ツナに色が付き始めたらホウレン草を加えて軽く炒める。同時にパスタを茹で始める。

ツナとホウレン草のクリームパスタ-03 ツナとホウレン草のクリームパスタ-04

パスタの茹で汁が使えそうになったら、弱火か火を切っていたフライパンに生クリームを加えて、固まらないようにすぐに茹で汁で濃さを調整する。

ツナとホウレン草のクリームパスタ-05 ツナとホウレン草のクリームパスタ-06

ソースに粉チーズを加えてコクと粘り気を出す。無ければバターでもよさそう。パスタは1分ちょっと早くお湯から上げてフライパンに投入。茹で汁でソースの濃さを調整する。最後に塩コショウで味を調えてソースを好みの濃さにしたら出来上がり。

ツナとホウレン草のクリームパスタ-07 ツナとホウレン草のクリームパスタ-08

お皿に盛りつけたら完成。クリームソースにコクがあって、いい塩梅でとってもおいしい(^^) いくらでも食べれそうだ。

ツナとホウレン草のクリームパスタ-09


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

廉価版カルボナーラを作ってみた

ちょっと普通のカルボナーラでも作ってみようと、スーパーの乳製品コーナーのチーズや生クリームを見ると、相変わらずパルミジャーノ・レッジャーノは置いてないし、生クリームは高い。そこで、粉チーズと安いホイップで作ることにした。

材料はこんな感じ。動物性の生クリームのかわりに植物性のホイップなんでコクが少し足りないらしいから、オリーブオイルはエクストラバージンにして、バターとニンニクも少し使うことにする。ホイップや粉チーズで作るんでちょっと手抜きの廉価版カルボナーラだ(^^;

廉価版カルボナーラ-01

廉価版カルボナーラ(1人分)
パスタ ヴォイエロ1.4mm(5分) 100g
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1
薄切りベーコン 2枚
玉ねぎ 1/4
しめじ 適量
ホイップ 100g
粉チーズ 大さじ2
バター 10g
にんにく 少々
卵黄 1個
粗挽き黒コショウ 適量


水1Lに塩10gでお湯を沸かし始める。フライパンにオイル、2cm幅に切ったベーコン、スライスした玉ねぎ、しめじを入れて弱火から中火で炒める。ちょっと焦げ目がつくまで炒めるのがポイント。

廉価版カルボナーラ-02

具材が炒め終わったらホイップ、バター、すりおろしたニンニク少量を加えて弱火で煮詰める。鍋のお湯が沸いたらパスタを投入。途中茹で汁を50ccほどフライパンに加える。

廉価版カルボナーラ-03 廉価版カルボナーラ-04

パスタは仕上げで温度が下がるので、早く上げずに時間通りに茹でる。茹であがったら茹で汁を取っておいて、パスタをフライパンに入れ、ソースと良くからめる。茹で汁でソースの粘度を調整したら、火を止めて卵黄を加えて良く混ぜる。チーズを加える前にフライパンの温度を下げるため、濡れ布きんの上にパンを置いて温度を下げてから粉チーズを加えて良く混ぜる。ソースがゆるい様なら、パンをとろ火にかけて良く混ぜながらドロッとする直前で皿に上げる。

廉価版カルボナーラ-06 廉価版カルボナーラ-07

仕上げに粗挽き黒コショウをかけて完成(^^) 出来は、店で食べるカルボナーラってこんな感じだなーって感じ(^^; 家で作るのはいつも生クリームを使わないローマ風だから。今回のはホイップだけどね(^^; でもネットリとコクもあっておいしかった。

廉価版カルボナーラ-08
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

超カラフルなパスタを買ってきた

倉敷の観光名所、美観地区に行って来たんで、前々から行ってみたいと思ってた平翠軒(へいすいけん)へ行ってみた。

→>平翠軒のホームページ

前々から、日本中世界中からいいものだけを集めたお店って知ってたんだけど、なかなか足を運べなかった。今回、仕事で美観地区に行くことになったんで、観光案内をしたあとに、行ってみたkao03



平翠軒は結構狭い店舗にいろいろな食品を置いてる。あんまり時間がないんで流し見、してるとすげーカラフルなパスタが目にとまったびっくり 500gで1500円と高いけど、そのおもちゃのような色形に惚れて買ってしまった苦笑

超カラフルなパスタを買ってきた-01


こんなのが3種類ぐらいあった。もう一個、モノトーンの縞々模様の蝶々のパスタとすげー迷った。店長らしき人が言うには、着色料は使ってない野菜本来の色でこんな色を出してるんだって。



このパスタを使ってさっそく、作ってみた。色が見やすいようにホワイトソース系がいいかなと思って、手抜きのクリームシチューパスタにしてみた。


超カラフルなパスタを買ってきた-02


70gを小皿にとりわけたんだけど、なんかおもちゃ箱のよう♪


超カラフルなパスタを買ってきた-04


パスタをいつものように茹でるんだけど、いつもと違ってすげー派手苦笑


超カラフルなパスタを買ってきた-05


フライパンでレトルトのクリームシチューを暖め、牛乳50ccを加える。粗挽き黒コショウで味を整えたら準備OK。

超カラフルなパスタを買ってきた-06


パスタが茹であがったらフライパンに入れてシチューとからめて、味を整えたら出来上がり。


超カラフルなパスタを買ってきた-07






お皿に盛りつけて、パセリを振りかけてカラフルパスタのクリームシチューの出来上がり♪

超カラフルなパスタを買ってきた-08


パスタ自体は、意外に普通においしかった。こういうカラフルな野菜系のパスタがスーパーで売ってるが、それはかなりにおいが臭くて、オイルソース系じゃ食欲が減退するぐらい。そのイメージがあったんだけど、このパスタはまったくそんなにおいがない。さすが平翠軒がチョイスするだけのことはあるなーって思ったkao04


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

アメリカンソースカニクリームパスタ

先日買ったアメリカンソースとカニ缶でカニクリームパスタを作ってみた。ハインツの缶にはアメリカンソースって書いてあるけど、正式には(?)アメリカーヌソースって呼ばれるものらしいkao01 伊勢海老のとか煮詰めて作るソースなんだって。この300ccほどの缶で600円ぐらいする苦笑い

アメリカンソースカニクリームパスタ(2人分)
アメリカンカニクリームパスタ01
パスタ ヴォイエロ1.4mm(5分) 200g
オリーブオイル 大さじ1
アメリカンソース 120cc(1/2缶)
生クリーム 80cc
カニ缶 110g(1缶)
ブロッコリー 80g
サニーレタス 3枚
粗挽き黒コショウ 適量

準備ができたらさっそく料理開始ムキッ


アメリカンカニクリームパスタ02まずは、ブロッコリーを数分間、薄い塩水にまんべんなく浸けて汚れをとっておく。



アメリカンカニクリームパスタ03サニーレタスは水でジャブジャブとよく洗い、水をよくきっておく。ブロッコリーは粗めのみじん切りにして、粉状になったものは使わない。



アメリカンカニクリームパスタ04フライパンにオリーブオイル、アメリカンソース、生クリームを入れて、中火にかける。生クリームは高温になると分裂するので注意。同時に水1Lに塩10gでお湯を沸かし始める。



アメリカンカニクリームパスタ05煮立ってきたら火を弱火~中火にしてカニ缶を加えて煮る。お湯が沸いたらパスタを投入。パスタは規定時間より1分ほど短く茹でる。



アメリカンカニクリームパスタ06パスタが茹で上がる3分前にブロッコリーをソースに投入する。



アメリカンカニクリームパスタ07ソースの粘土と塩味をパスタの茹で汁で調整して、茹で上がったパスタを加えてすばやく絡める。粗挽き黒コショウをたっぷり振って出来上がりniko





サニーレタスを敷いた皿に盛り付けるとこんな感じ。
アメリカンカニクリームパスタ08

見た目はまあまあなんだが、ひとつ問題が・・・。このアメリカンソース、缶を開けたときにわかったんだけど、海老の殻からとったスープなんだよな・・・オレのキライな殻の香ばしい香り・・・うーん いや、根本からダメじゃんっ!!苦笑 これ、ふつうの人は好きなんだろうな~。

以前、貝類嫌いなの知らずにクラムチャウダーやボンゴレなんかを買ってきて、「う、なんだ!?このにおい!」って、大失敗したのを思い出した苦笑い うーん、どうしようって思ったけど、サニーレタスと一緒に食べるとこりゃいける(笑) サニーレタス様様だ。・・・というわけで、味としては間違ってないだろうけど、海老の殻のエキスとか嫌いなオレにはうまいのかどうかわからん。とりあえず、アメリカーヌソースの味がわかったということで。苦笑
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム