うちの定番のオイル系パスタの作り方

うちで良く作るじゃがいものパスタを先日作ったにんにくオイルで作ってみた。ずいぶん前にイタリアの家庭で定番のパスタって聞いて作って以来、簡単でおいしいんでうちでも定番になってる。

定番のオイル系パスタ-20171014-01

じゃがいものパスタ(1人分)
ラティーニ ペンネリガーテ(11分) 80g
ガーリックオイル 大さじ2  にんにくオイルを作ってみた
じゃがいも(男爵) 小1個
コショウ 適量
(以下あれば)
粉チーズ 適量
パセリ 適量

味はにんにくオイルにかかってるんで、丁寧に香りをオイルに移してやる。今回は作り置きしてるんで楽ちん。味の決め手は次の4つ。
 1. にんにくオイルを丁寧に作る
 2. 塩味をしっかり効かせる
 3. 乳化
 4. ジャガイモをつぶす



いつもこんな感じで作ってる。ベーコンを加えてやると簡単にうま味を加えられる。今回は粉チーズを加えたパターン。



最後にエクストラバージンオリーブオイルを軽く振りかけてやるとよりおいしくなる。


定番のオイル系パスタ-20171014-02

最近はショートパスタばかり好んで食べてる。ロングパスタはたまにしか食べなくなったなー。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ

先日、ホールトマトからトマトソースを作ったけど、基本的にはオイルソースが好き。ということで、今日はベーコンとポテトのパスタを作った。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-01

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ(1人分)
パスタ ディ・チェコ ペンネリガーテ(13分) 80g
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 1片
唐辛子 1本
ベーコン 2枚
じゃがいも 小1個
塩コショウ 適量
(以下あれば)
エクストラバージンオリーブオイル
パセリ 適量
粉チーズ 適量


パスタのゆで時間が長いんで、まずはパスタを茹で始める。お湯はいつもより塩を濃い目にしておく。水1Lに塩13gぐらい。お湯が沸いたらパスタを投入して、その他を調理し始める。

次にたっぷりのオリーブオイルににんにくのみじん切りを入れて、とろ火でオイルに香りを移す。とちゅう唐辛子を加える。辛いのは得意じゃないんで、唐辛子は切らずにそのままで。切れば切るほど辛さは強くなるんで。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-03

じゃがいもは小ぶりな大きさに切って、水にさらしておく。そしてパスタが茹であがる6分前にパスタのなべに入れて一緒に茹でる。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-02 ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-05

フライパンの方はにんにくがきつね色になったらにんにくを取り出しておく。あとでトッピングに使うんで。残ったオイルで2cm幅に切ったベーコンをカリカリなるまで炒める。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-04 ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-06

パスタが茹であがったら、お湯を切ってじゃがいもと一緒にフライパンに投入。茹で汁は100ccほど取っておく。このときフライパンに入れたじゃがいもを2個ほどつぶしておく。フライパンを傷つけないように注意すること。外でやってもOK。つぶしたじゃがいもでソースがトロッとしてパスタによくからむんで。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-07

茹で汁をたっぷり適度に加え、パンを振ってオイルを乳化させたら、塩コショウで味を整えて出来上がり。あればエクストラバージンオリーブオイルを回し掛けて香りづけしておく。

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-08

お皿に盛って、取っておいたにんにく、パセリ、粉チーズを振りかけて完成。超ウマイ! ポテトがほくほく、にんにくがカリカリと香ばしく、ベーコンもカリカリで食感が多彩でおいしい。もっと多めに作ればよかった(^^) 

ベーコンとポテトのぺペロンチーノ-09

| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

ちょっと風邪っぽいような症状がでると予防のためにいつもアーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノを作って食べてる。にんにくや唐辛子の発汗作用とかでね。今回はオイルソースをいつもより濃く作った。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ(1人分)
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-01
パスタ ヴォイエロ 1.4mm(5分) 100g
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 2片(ちょっと小さいので)
唐辛子 適量
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ1/2


今回は、オイルを乳化させ、オイルソースを作るときにオイルとゆで汁の割合を1:1で作る。そのため、オイルをいつもの2倍使うことにした。




まずは、にんにくをスライスしてオリーブオイルにつけておく。しばらくしたら、弱火からとろ火でオイルににんにくの香りをじっくり移す。同時に水1Lに塩10gでお湯を沸かし始める。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-02



にんにくがきつね色になったら取り出し、キッチンペーパーを敷いた皿にあげておく。パスタのトッピングとして、ベランダに茂りすぎてるイタリアンパセリの柔らかい葉を取ってきてみじん切りにしておいた。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-03



火を止めて唐辛子を入れる。火が通りすぎて黒ずんでしまわないようにするため。辛いのは苦手だけど、今回は少し辛みをつけることにした。唐辛子は細かく切るほど辛さが出る。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-04



お湯が沸いたらパスタを入れて茹でる。お湯にパスタの成分が溶けてゆで汁が出来たら、ゆで汁30cc(大さじ2)をフライパンに入れて乳化させる。パンをよく振って乳化を促進させる。先の平べったい木べらを使うとさらに良い。乳化すると白くとろっとしたソースが出来る。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-05



パスタが茹で上がったら、ゆで汁を少しとっておいてからお湯を切り、フライパンに入れてすばやくオイルソースとからめる。味を確認して、塩味やソースの濃さをゆで汁で調整する。最後ににんにくチップを戻してエクストラバージンオリーブオイルを回しかけ、ひと混ぜしたら出来上がり。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-06





お皿に盛りつけてイタリアンパセリを振りかけて出来上がりniko
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ-07


濃いめのオイルソースがおいしいぺペロンチーのが出来た♪ オリーブオイルはダイエット効果もあるらしいし、健康にもいいっていうので濃いめに作っても問題なさそうだkao01 こういうふうにアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを時々作ることでパスタ作りの基本を復習してる。
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

収穫したイタリアンパセリでペペロンチーノを作ってみた

部屋で育ててるイタリアンパセリが収穫できそうなので、久々にパスタを作りたい衝動に駆られて、疲れてるにもかかわらず作ってみた。ときどきペペロンチーノを作っておかないと腕がなまるんで確認のためにもね苦笑

→イタリアンパセリの収穫?

イタリアンパセリのペペロンチーノ-01イタリアンパセリのペペロンチーノ-02

土植えと、ハイドロの両方から大きな茎を適当に収穫。基本は外から収穫らしい。内側から新しい芽が出てきて外側は枯れていくらしい。また背が高くなってくると不安定になるんで、根元に土を足していきながら育てるんだってさ。収穫するときパセリらしいイイ香りがすっごくするkao04 基本の材料に加えて、粗挽きウィンナーを用意してみた。


イタリアンパセリのペペロンチーノ-03イタリアンパセリのペペロンチーノ-04

にんにくをつぶしてカットし、香りをじっくりとオイルに移す。にんにくがきつね色になったら取り出し、唐辛子を入れて、黒ずんだら取り出し、粗挽きウィンナーを炒める。この間、ずーっととろ火から弱火。このころパスタ(5分の茹で時間なので)をお湯に投入する。


イタリアンパセリのペペロンチーノ-05イタリアンパセリのペペロンチーノ-06

ウィンナーがカリカリになったら、火を止めて温度を下げ、刻んだイタリアンパセリを余熱で軽く炒める。
つづけて、ゆで汁を適量加えてパンを振り、乳化させる。



イタリアンパセリのペペロンチーノ-07イタリアンパセリのペペロンチーノ-08

パスタを1分早くお湯から上げてフライパンに投入し、素早くからめて味見をする。塩分が足りなければとっておいた茹で汁を加えて調整する。最後にエクストラバージンオイルを少量加えて出来上がり。うーん、ウマイッびっくり パセリがいいアクセントになってる。オイルソースの出来もバッチリ。とってもおいしい一品でした。niko
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

昨日のパスタでパスタそのものが物足りない感じがしたんで、デイチェコのパスタがどんなもんかシンプルなアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノで試してみることにした。以前書いたけどパ・パー的なパスタはゴムひもみたいで論外だった。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノはシンプルな食材だけど、おいしく作るのは難しいんで気を配って丁寧に作った。
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ(1人分)
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ01
パスタ デイチェコ1.6mm(9分) 100g
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1強
唐辛子 1本
エクストラバージンオリーブオイル 適量

材料はこれだけなんでさっそく料理開始ムキッ


アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ02まずはにんにくから。今回は1片が大きかったんで、半分をにんにくチップで半分をつぶして使うことにした。にんにくをスライスしたら爪楊枝で焦げやすい芯の部分をくり抜く。つぶす方は包丁の腹を使って押しつぶし、繊維をほぐす。大きい場合はカットする。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ03にんにくの香りがオイルによく移るようにオイルに浸けておく。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ04唐辛子は細かく切るほど辛味が出るんで、辛いのが苦手なオレは半分にして種を取っておく。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ05フライパンを弱火にかける。同時に1リットルの水に塩10gでお湯を沸かし始める。フライパンのにんにくのまわりに泡が出始めたら、とろ火、または火を切る。オリーブオイルは高温にするとダメになるんで、中火も使わないようにする。にんにくもじっくりオイルに香りを移すためにフライパンを傾けてとろ火で揚げる。絶対に焦がさないように気をつける。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ06お湯が沸いたらパスタを投入。オイルソースは火を消して待てるけど、パスタは茹で上がった後に待てないので、茹で上がり時間までにオイルソースが出来上がっている様に気をつける。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ07スライスしたにんにくはときどき裏返し、つぶしたにんにくは菜ばしでつついて穴を開けて香りが出やすいようにする。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ08にんにくがキツネ色になったらとりだしてスライスしたものは油を切っておく。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ09つづけて唐辛子を投入。黒ずんできたら辛味が移っている。でも焦がさないように注意する。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ10茹で汁を50ccほど加えてオイルを乳化させてソースを仕上げる。茹で汁を加えたら火を切ってフライパンをゆすり、乳化を促す。油と茹で汁が混ざってトロッとしてくる。また、後で塩味を調整するために茹で汁を少し器にとっておく。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ11パスタを規定の1分ちょっと前にお湯から上げてフライパンに投入し、すばやくオイルソースと絡める。フライパンはパスタ投入前に弱火にしておく。



アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ12味見をして、塩味が足りなければ取っておいた茹で汁を加えて調整する。エクストラバージンオリーブオイルを軽く回し加え、軽く混ぜて香り付けをする。最後ににんにくを戻してひと混ぜしてできあがり。





皿に盛り付けて、唐辛子を一番上に乗せて完成。うーん、味はばっちりグー! おいしいアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノが出来た。niko
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ13

デイチェコはというと、やっぱオレにはちょっとパンチが無いように感じる苦笑い 基本的に素材パワーに頼って料理をごまかしてるんで、パンチの効いたパスタが欲しい苦笑 いろいろおいしいといわれるパスタを食べ比べて、現在はヴォイエロの1.4mmに落ち着いてる。遠いけどやっぱ足を伸ばしてヴォイエロを買いに行こうって思った。
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム