FC2ブログ

食器棚の扉が自動で閉まらなくなってたんで直してみた

食器棚の片方の扉の蝶番(ちょうつがい)のバネが壊れてしまってて、最後のまで押して止めてやらないときっちり閉まらなくなってた。いつか直そうと思ってずいぶん長い間放置してたんだけど、とうとう直してみることにした。

スライド蝶番-20181010-01 スライド蝶番-20181010-02

これがスライド蝶番(ちょうつがい)という蝶番で、閉めるとき最後にバネの力で勝手に閉まるキャッチ付き。そのバネが壊れてる、上下2カ所とも(^ ^; そこで、カップ径26mmのキャッチ付き全かぶせスライド蝶番を購入した。

スライド蝶番-20181010-03 スライド蝶番-20181010-04

同じスライド蝶番を買えばいいんで、カップ径を測ってネジ止めの数を確認して同じ規格のものを購入。選び方は以下のサイトやショップの販売ページの説明がわかりやすい。

ゆるやかライフのおすすめ生活品 スライド丁番は自分で取り替えられますよ



側板側の中央のネジを外してスライドすると蝶番が分離して扉が簡単に外せる。

スライド蝶番-20181010-05 スライド蝶番-20181010-06

壊れてるパーツを外して新しいパーツをはめてやる。規格化されてるんでピッタリ。

スライド蝶番-20181010-07 スライド蝶番-20181010-08

扉側の新しいパーツは元のパーツの跡の中央位置に合わせてやるとあとが楽。

スライド蝶番-20181010-09 スライド蝶番-20181010-10

扉の傾きをネジで調整して完成。これで最後まで自動できっちり閉まるようになった。ドライバー1本の簡単作業で気分すっきり(^ ^)

スライド蝶番-20181010-11


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

近所を散策して早春の花を鑑賞してみた

もう3月下旬だけど季節の変化とかぜんぜん気づいてなくて、桜の蕾の匂いで春が近いって気づかされた。周りに目を向けると木々に白い花が咲いてる。で、時間を作ってちょっと散策してみた。

桜っぽいこれらの白い花は桜桃。さくらんぼね。でっかい木がそこかしこにあるんで、いっぱい実がなるんだろうなー。

近所の早春の花-20180318-01 
近所の早春の花-20180318-31 近所の早春の花-20180318-03

こっちは梅。白い花だとまだよーく見ないと梅か桜桃かわからない。濃い赤い花だと梅ってわかりやすい。

近所の早春の花-20180318-04 近所の早春の花-20180318-05
近所の早春の花-20180318-06 近所の早春の花-20180318-07

これはユキヤナギ。まだ咲き始めたばかりみたい。ユキヤナギは好きな花の一つ。これから楽しみだ。

近所の早春の花-20180318-08

草むらを見ると定番のホトケノザとオオイヌノフグリが緑に赤と青で彩ってる。

近所の早春の花-20180318-09 近所の早春の花-20180318-10
ホトケノザ

近所の早春の花-20180318-11 近所の早春の花-20180318-12
オオイヌノフグリ

濃いオレンジの花を咲かせてたヒメキンセンカ。これは春に咲く花じゃなくて秋から早春までの花で時期的にはそろそろ終わりらしい。

近所の早春の花-20180318-13 近所の早春の花-20180318-14
ヒメキンセンカ

こっちはノースポール、ムスカリ、ぺんぺん草ことナズナ。

近所の早春の花-20180318-15 近所の早春の花-20180318-16
近所の早春の花-20180318-17

道を歩いているとコンクリートの上にギンゴケが綺麗な円形ドームを作ってた。うちのいくつかの鉢にも生えてるかわいいやつ。

近所の早春の花-20180318-18 近所の早春の花-20180318-19

斜面にしだれた梅と黄色い花の木が咲いてる。この黄色い花、すごい鮮やか。時々見るけどなんだろう? アブラチャンって木かなー。

近所の早春の花-20180318-20 
近所の早春の花-20180318-21 近所の早春の花-20180318-22

こっちは梅。

近所の早春の花-20180318-23 近所の早春の花-20180318-24
近所の早春の花-20180318-25

この時期大好きなハクモクレンはもうちょっと。広島市植物公園の巨木を見に行きたいなー。

近所の早春の花-20180318-26 近所の早春の花-20180318-27

で、桜はというと、青い蕾が膨らんでる状態。

近所の早春の花-20180318-28

頭上を「チチチチ」と鳴きまくってる鳥が3羽いたんで写真に撮ってみた。どうやらエナガらしい。すっごい小さな鳥でかわいい。

近所の早春の花-20180318-29 近所の早春の花-20180318-30
エナガ

花の様子や種類の数からすると時期的にはもうちょっとかな。時間を作って無理やりでもどこかに行きたいなー。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

テントウムシの冬越し

職場のとある部屋の窓際に真冬でもテントウムシが大量にいる。窓のサッシの隙間から入ってくるみたいで、窓際の隅に集まって冬眠してる。でもそのへやは日中は暖房がかかってるんで動き出すテントウムシが多い。でもエサもないし、めちゃくちゃ乾燥してるんでたくさん干乾びて死んでる。その日も外は雪なのに何匹かナミテントウが活発に動いてた。

ナミテントウ-20180204-00

なんとなく手に取ってしまったんで、そのままにしておけずちゃんと冬越しさせることにした。動いていた3匹を保護し、水を含ませたホットケーキの切れ端をやってから、持ち帰った。サラダのパックに穴をあけて、室内で落ち葉を集めて(^^;冬眠用ケースを作った。

ナミテントウ-20180204-01 ナミテントウ-20180204-02

ペットボトルのフタに砂糖水を少し入れておいた。ときどき舐めにきてる。このケースをエアコンがかかってない部屋に置いて、もう一度冬眠させ、寒波が去って寒さが和らいでからケースのフタを開放してベランダのビニール温室に移すつもり。雨風にさらされないし、湿度もあるんで冬眠にはいい環境だと思う。

ナミテントウ-20180204-03 ナミテントウ-20180204-05
ナミテントウ-20180204-04 ナミテントウ-20180204-06

春になったら動き出してどこかにいくだろう。うまく冬越しできるといいな。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

あけましておめでとうございます

さっき、地元の氏神様に初詣に行ってきた。片道30分強のずっと坂道なんで足が痛い。毎年のことだけど。今年も神主さん(すごくご高齢)のお話を聞くことができて、良いスタートを切ることができた。

2018年平成30年は戌年

今年がみなさんにとって良い年でありますように。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

100均時計で両面時計を作ってみた

先日、壁掛け時計を買うときにいろいろ時計を見てたら、両面時計ってのがあった。両面が時計って駅のホームで見かけるイメージだったんだけど、結構おしゃれだった。で、これって100均時計で似たようなの作れるんじゃ?って思って作ってみた。

自作両面時計-20171030-00

主な材料はこれとこれ。ダイソーの時計(白)とクッキー缶。ダイソーのこの時計は八角形だろうと丸型だろうとすべて同じ構造。白い時計を作ることにしたんで塗装が少なくて済むように白い時計を選んだ。

自作両面時計-20171030-01 自作両面時計-20171030-02

中身のクッキーはパサパサでお世辞にも美味しいとは言えない(^^; 缶のサイズだけで選んだ。ただ、底面が結構奥まってる。

自作両面時計-20171030-03 自作両面時計-20171030-04

うちの缶切りはロータリータイプしかない。本来は缶の側面をカットする缶切りだけど向きを変えて使って底面だけをカットした。

自作両面時計-20171030-05 自作両面時計-20171030-06
自作両面時計-20171030-07

時計の方は、工具無しで簡単に分解できる。時計の針はまっすぐ引き抜くのがポイント。左右に揺らして抜くと穴が広がって再利用できなくなる。

自作両面時計-20171030-08 自作両面時計-20171030-09

時計のボディは柔らかい素材なのでカッターで切ることができる。ボディの外側の羽の部分を切り取ってやる。このときなるべくカッターの刃は立ててやる。

自作両面時計-20171030-10 自作両面時計-20171030-11

ツメ穴の外側をカットするのでカット後もガラス固定枠が使える。

自作両面時計-20171030-12 自作両面時計-20171030-13

ガラスを入れて固定枠をはめてやる。それを缶の底側から入れると超ピッタリ。

自作両面時計-20171030-14 自作両面時計-20171030-15
自作両面時計-20171030-16

横から見るとムーブメントが微妙に缶からはみ出てる。片面の普通の時計として使うなら、このまま色を塗って使えばいい。でも、両面時計にするんでもう1個作って背面を合わせてもこのままでは隙間ができてしまう。隙間を埋めるカバーをつけると時計がさらに太くなって格好悪いんで、中の時計を薄く加工することにした。

自作両面時計-20171030-17

カッターを横にして手で押さえて固定する。時計を伏せて側面の下の段になっているところから3mmぐらいのところをカットしてやる。カッターの下に何か挟んで高さを調整。カット作業は時計の方を手で回してカッターの刃にあてて切る。最初は軽く沿わせて丁寧に一周させて薄くカットラインを入れる。後は徐々に強く刃に押し付けてやり、かなり溝が深くなったら、カッターの刃をグイグイ押し込んでやると溝に沿ってスーッと綺麗に切れる。

自作両面時計-20171030-18

カットしたら、時計本体側を薄く切り離した輪っかの内側に上から入れてはめてやる。これで重なってる部分の分だけ高さが減る。念のためガラスがはまるのを確認した後に外側に接着剤を盛っておいた。

自作両面時計-20171030-19 自作両面時計-20171030-20

これではみ出ていたムーブメントも缶の内側に収まった。

自作両面時計-20171030-21

次に缶を塗装してやる。100均で手に入る塗料には水性アクリル塗料とラッカーがある。ラッカーの方が固くて強いんだけど、今回は缶の傷を埋める作業もあるんで、それが簡単なアクリル塗料を筆塗りしていく。缶に塗装するにはプライマーを塗って塗料と缶の密着を強めてやる必要があるけど、今回は100均材料でいくんで使わない。代わりにサンドペーパーで表面を粗くして塗料の食いつきをよくしてやる。

自作両面時計-20171030-22 自作両面時計-20171030-23

ペーパー掛けが終わったら水洗い。乾かすとき縁の巻いてるとこに水が溜まってるからブロアーで水を吹き飛ばしてやる。この作業とドライヤーと組み合わせて高速乾燥。

自作両面時計-20171030-24

ダイソーアクリル塗料のホワイトを何回かに分けて重ね塗りしていく。塗っては乾かしの繰り返しで、1回目と2回目は原液で、3回目は1.2倍希釈、4回目は1.5倍に希釈して塗った。最初の原液ではデコボコを埋めることができ(と言っても薄く塗り、厚塗りはしない)、希釈した塗料では平らで綺麗な表面に近づけることができる。

自作両面時計-20171030-25 自作両面時計-20171030-26
自作両面時計-20171030-27

時計をはめてやるとこんな感じ。綺麗にできてる。

自作両面時計-20171030-28 自作両面時計-20171030-29

で、これを2個に増やす。いや並行して2個作ってたんだけどね(^^)

自作両面時計-20171030-30

文字盤も変えたいんでパソコンで作って2個用意した。実際の時計を参考に作ってみた。時計には強力スティックのりで貼り付けた。

自作両面時計-20171030-31 自作両面時計-20171030-32

上の写真のあとで修正したので微妙に違うけど、よろしければどうぞ。A4用紙に印刷して、一番外側の線の内側ギリギリをを切って、中心の黒丸の外側を切って使ってください。
自作両面時計-20171030-40

針も簡単に自作しようと思ってたけど、だんだん飽きて面倒になってきた。それで白い針を黒く塗ることを考えたけど、手持ちの他の100均時計の黒い針があるんでそれを流用した。黒い針セットの秒針は針をカットして金色のカバーだけ使った。そのままだとガラスに当たるから裏の差し込み棒を短くカットして使ってる。

自作両面時計-20171030-33 自作両面時計-20171030-34

後は缶をくっつける作業だけど、超簡単に済ませた。穴を空けてやり、白いストラップを使って2つの缶をまとめた。穴の位置は時計を吊ったときに缶の継ぎ目が見えにくい位置をよく考えて決める。穴は木を挟んで釘をち付けて空けてやればいい。実はこの作業は色を塗る前にやってた。ここぐらいはドリル使っても良かったかも。

自作両面時計-20171030-35 自作両面時計-20171030-36

これで完成。2つの缶がずれないようにするために強力磁石を下の合わせ目をまたぐようにくっつけてもいいし、白いマスキングテープで止めてもいい。白いテープの方が綺麗かな。

自作両面時計-20171030-37 自作両面時計-20171030-38

作ったはいいけど、両面時計が活躍する場所がないなー(^^; 電池も入れてすでに動いてるのに今のところ両面置き時計だ(^^;



とりあえず大きさ的も良さそうなフックをダイソーで買ってきた。

自作両面時計-20171030-40 自作両面時計-20171030-41

フックの先に白いちっちゃいオブジェを付ければアンティークぽくなりそう。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム