100均時計で両面時計を作ってみた

先日、壁掛け時計を買うときにいろいろ時計を見てたら、両面時計ってのがあった。両面が時計って駅のホームで見かけるイメージだったんだけど、結構おしゃれだった。で、これって100均時計で似たようなの作れるんじゃ?って思って作ってみた。

自作両面時計-20171030-00

主な材料はこれとこれ。ダイソーの時計(白)とクッキー缶。ダイソーのこの時計は八角形だろうと丸型だろうとすべて同じ構造。白い時計を作ることにしたんで塗装が少なくて済むように白い時計を選んだ。

自作両面時計-20171030-01 自作両面時計-20171030-02

中身のクッキーはパサパサでお世辞にも美味しいとは言えない(^^; 缶のサイズだけで選んだ。ただ、底面が結構奥まってる。

自作両面時計-20171030-03 自作両面時計-20171030-04

うちの缶切りはロータリータイプしかない。本来は缶の側面をカットする缶切りだけど向きを変えて使って底面だけをカットした。

自作両面時計-20171030-05 自作両面時計-20171030-06
自作両面時計-20171030-07

時計の方は、工具無しで簡単に分解できる。時計の針はまっすぐ引き抜くのがポイント。左右に揺らして抜くと穴が広がって再利用できなくなる。

自作両面時計-20171030-08 自作両面時計-20171030-09

時計のボディは柔らかい素材なのでカッターで切ることができる。ボディの外側の羽の部分を切り取ってやる。このときなるべくカッターの刃は立ててやる。

自作両面時計-20171030-10 自作両面時計-20171030-11

ツメ穴の外側をカットするのでカット後もガラス固定枠が使える。

自作両面時計-20171030-12 自作両面時計-20171030-13

ガラスを入れて固定枠をはめてやる。それを缶の底側から入れると超ピッタリ。

自作両面時計-20171030-14 自作両面時計-20171030-15
自作両面時計-20171030-16

横から見るとムーブメントが微妙に缶からはみ出てる。片面の普通の時計として使うなら、このまま色を塗って使えばいい。でも、両面時計にするんでもう1個作って背面を合わせてもこのままでは隙間ができてしまう。隙間を埋めるカバーをつけると時計がさらに太くなって格好悪いんで、中の時計を薄く加工することにした。

自作両面時計-20171030-17

カッターを横にして手で押さえて固定する。時計を伏せて側面の下の段になっているところから3mmぐらいのところをカットしてやる。カッターの下に何か挟んで高さを調整。カット作業は時計の方を手で回してカッターの刃にあてて切る。最初は軽く沿わせて丁寧に一周させて薄くカットラインを入れる。後は徐々に強く刃に押し付けてやり、かなり溝が深くなったら、カッターの刃をグイグイ押し込んでやると溝に沿ってスーッと綺麗に切れる。

自作両面時計-20171030-18

カットしたら、時計本体側を薄く切り離した輪っかの内側に上から入れてはめてやる。これで重なってる部分の分だけ高さが減る。念のためガラスがはまるのを確認した後に外側に接着剤を盛っておいた。

自作両面時計-20171030-19 自作両面時計-20171030-20

これではみ出ていたムーブメントも缶の内側に収まった。

自作両面時計-20171030-21

次に缶を塗装してやる。100均で手に入る塗料には水性アクリル塗料とラッカーがある。ラッカーの方が固くて強いんだけど、今回は缶の傷を埋める作業もあるんで、それが簡単なアクリル塗料を筆塗りしていく。缶に塗装するにはプライマーを塗って塗料と缶の密着を強めてやる必要があるけど、今回は100均材料でいくんで使わない。代わりにサンドペーパーで表面を粗くして塗料の食いつきをよくしてやる。

自作両面時計-20171030-22 自作両面時計-20171030-23

ペーパー掛けが終わったら水洗い。乾かすとき縁の巻いてるとこに水が溜まってるからブロアーで水を吹き飛ばしてやる。この作業とドライヤーと組み合わせて高速乾燥。

自作両面時計-20171030-24

ダイソーアクリル塗料のホワイトを何回かに分けて重ね塗りしていく。塗っては乾かしの繰り返しで、1回目と2回目は原液で、3回目は1.2倍希釈、4回目は1.5倍に希釈して塗った。最初の原液ではデコボコを埋めることができ(と言っても薄く塗り、厚塗りはしない)、希釈した塗料では平らで綺麗な表面に近づけることができる。

自作両面時計-20171030-25 自作両面時計-20171030-26
自作両面時計-20171030-27

時計をはめてやるとこんな感じ。綺麗にできてる。

自作両面時計-20171030-28 自作両面時計-20171030-29

で、これを2個に増やす。いや並行して2個作ってたんだけどね(^^)

自作両面時計-20171030-30

文字盤も変えたいんでパソコンで作って2個用意した。実際の時計を参考に作ってみた。時計には強力スティックのりで貼り付けた。

自作両面時計-20171030-31 自作両面時計-20171030-32

上の写真のあとで修正したので微妙に違うけど、よろしければどうぞ。A4用紙に印刷して、一番外側の線の内側ギリギリをを切って、中心の黒丸の外側を切って使ってください。
自作両面時計-20171030-40

針も簡単に自作しようと思ってたけど、だんだん飽きて面倒になってきた。それで白い針を黒く塗ることを考えたけど、手持ちの他の100均時計の黒い針があるんでそれを流用した。黒い針セットの秒針は針をカットして金色のカバーだけ使った。そのままだとガラスに当たるから裏の差し込み棒を短くカットして使ってる。

自作両面時計-20171030-33 自作両面時計-20171030-34

後は缶をくっつける作業だけど、超簡単に済ませた。穴を空けてやり、白いストラップを使って2つの缶をまとめた。穴の位置は時計を吊ったときに缶の継ぎ目が見えにくい位置をよく考えて決める。穴は木を挟んで釘をち付けて空けてやればいい。実はこの作業は色を塗る前にやってた。ここぐらいはドリル使っても良かったかも。

自作両面時計-20171030-35 自作両面時計-20171030-36

これで完成。2つの缶がずれないようにするために強力磁石を下の合わせ目をまたぐようにくっつけてもいいし、白いマスキングテープで止めてもいい。白いテープの方が綺麗かな。

自作両面時計-20171030-37 自作両面時計-20171030-38

作ったはいいけど、両面時計が活躍する場所がないなー(^^; 電池も入れてすでに動いてるのに今のところ両面置き時計だ(^^;



とりあえず大きさ的も良さそうなフックをダイソーで買ってきた。

自作両面時計-20171030-40 自作両面時計-20171030-41

フックの先に白いちっちゃいオブジェを付ければアンティークぽくなりそう。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

FM電波で音声を普通のスピーカーに飛ばしてみた

いくつかの音源をときどき部屋のスピーカーから出すことがあって、ケーブルを床に引きたくないんでワイヤレス化を考えてた。ブルートゥースだと、トランスミッターと受信機の両方が必要でそこそこお金がかかる。それに音ズレもあるしね。音質は求めないんでで安くあげるとするとFMで飛ばしてラジオで受けるのが良さそう。

そこで安い機器を探してみた。FMトランスミッターの方はUSB電源で動いて音源に挿すケーブルがアンテナを兼ねてる。ラジオは持ってないんで販促用のラジオを1個単位で売ってるのを買った。それぞれ送料無料で1,000円内で収まった。



ラジオの方はすぐに届いた。販促グッズなんで作りは甘いけど電波をオートスキャンできるのがいい。

FMワイヤレススピーカー-20171016-02 
FMワイヤレススピーカー-20171016-03 FMワイヤレススピーカー-20171016-04

FMトランスミッターは届くのに一週間かかった。小さなボタンが付いていて周波数を変更できる。

FMワイヤレススピーカー-20171016-01

ラジオに電池はついてないんで単4電池2本を別に用意した。FMトランスミッターは100均USBアダプターを使った。パソコンから音を飛ばす場合でも電源は別に用意した方がいい。パソコンのUSBからだとノイズを拾うので。

FMワイヤレススピーカー-20171016-05

さっそく試してみると室内の近距離なんで普通にうまくいった。問題はラジオが安物なんで据え置きだとアンテナ受信感度が悪い。手で持ってやると体がアンテナ代わりになるんでとたんに感度が上がる。手で持ってると問題ない。音質は安物ポータブルスピーカーで聞く限りではノイズもなく意外にいい。ラジオ側は手で持って使うわけじゃないんでアンテナ問題をクリアする必要がある。電線を括り付けてぶら下げてみるか。

FMワイヤレススピーカー-20171016-06

調べてみるとこういうアンテナが付いていないラジオはイヤホンを挿すと、そのケーブルをアンテナとして使う仕様になってるらしい。使っててわかったんだけど、ラジオのイヤホンジャックに挿すケーブルによって受信感度が全然違った。

FMワイヤレススピーカー-20171020-01 FMワイヤレススピーカー-20171020-02

左の黒いケーブルはノイズが入りにくいがっちりとコーティングされた硬めのケーブルで、これを使ったら手に持たないと感度が悪く音が小さい。右の透明のケーブルはコーティングが薄い柔らかいケーブルで非常に感度がいい。これなら据え置きでそのまま使えそうだ。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ポイントでヤマト運輸のミニカーをもらった

ネットショッピングをよく利用するんで、少し前にクロネコヤマトの宅急便のクロネコメンバーズに登録した。結構便利で、買い物をするときに配達時間を決めなくても、配達前日に配達日時設定のメールが来るから、翌日の以降の都合がはっきりしてて時間を決めやすい。それとポイントも溜まる。

ヤマト運輸ミニカー-20170817-09
クロネコメンバーズサービス

ヤマト運輸

で、ポイント交換でゲットしたのがこのトラックのミニカー。届いたばっかり。

ヤマト運輸ミニカー-20170817-00

ヤマト便で荷物が届くたびに、ダンボールに貼ってある届け先のシールにあるお問い合わせ番号をサイトで申請してポイントせかせか集めた。ただ、交換したいものがほとんど無いんで、ミニカーでももらってみるかと一番大きいトラック(400ポイント)にしてみた。

ヤマト運輸ミニカー-20170817-06

ヤマト運輸ミニカー-20170817-07

届いたトラックのミニカーは結構デカくて格好イイ。15cmもあってずっしりと重い。

ヤマト運輸ミニカー-20170817-02 ヤマト運輸ミニカー-20170817-03
ヤマト運輸ミニカー-20170817-04 ヤマト運輸ミニカー-20170817-05

結構気に入った。このトラックを増やして行こうと思ってたんだけど、このトラックが届いたその日に、クロネコメンバーズからのメールで「クロネコポイントキャンペーン終了のお知らせ」があった(- -; 今年の11月までだってさ。11月までだったらもう1台ゲットできるかなー。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ブルーベリースムージーを作ってみた

ブルーベリー消費の一つとしてブルーベリースムージーを作ってみた。

ブルーベリースムージー-20170716-00

ブルーベリースムージー(1杯)
ブルーベリー 25個
バナナ 小2本(大なら1本)
牛乳 200ml
ハチミツ 小さじ1

ブルーベリースムージー-20170716-01

作り方は簡単。材料を全部ブレンダーの容器に入れて混ぜるだけ。

ブルーベリースムージー-20170716-02 ブルーベリースムージー-20170716-03
ブルーベリースムージー-20170716-04

氷を加えて完成。すごくおいしい。こういう感じのジュースを飲むのって超久々だ。それと、ブレンダーで作るとブルーベリーの皮が結構大きく残るみたい。

ブルーベリースムージー-20170716-05


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ハクモクレンの花が綺麗な季節になった

近所のハクモクレンの花が咲き始めた。場所によって満開の木やつぼみの木と差があるけど、近所のハクモクレンが遅ればせながら満開になった。

ハクモクレン-20170330-01 ハクモクレン-20170330-02

大きな木にしろい大きな花がたくさん咲く。かなり好きな花だ。

ハクモクレン-20170330-03 ハクモクレン-20170330-04

一方、となりの桜はこんな感じ。

ハクモクレン-20170330-05

蕾が膨らんでピンクの花びらが見えてきてる。もうすぐにでも開花しそう。

ハクモクレン-20170330-06 ハクモクレン-20170330-07

梅はしっかり咲いてる。うちのベランダの梅はもう終わりそうだけどね。

ハクモクレン-20170330-08 
ハクモクレン-20170330-09 ハクモクレン-20170330-10

最後に特別出演のカワラヒラ。ハクモクレンの近くの木に数羽飛んで来たんで。

ハクモクレン-20170330-11 ハクモクレン-20170330-13


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム