サボテンの紅小町が咲いてる

うちの3大サボテンの1つ、紅小町の花が咲いてる。短毛丸、美花角の花が終わった頃に咲き始めた。紅小町は次々花が咲くんで1ヶ月ぐらい咲き続ける。

紅小町-20170529-01

毎年、仕立て直しをしなくちゃと思いながらそのままにしてて、こんな感じにびよーんと上に伸びてる。ちょっと見た目が悪い(^^;

紅小町-20170529-02

黄色い花が密集してて綺麗だ。しばらくの間、癒してもらえそうだ。

紅小町-20170529-03


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

メダカの稚魚用の自動給餌器を作ってみた

うちのメダカ(楊貴妃)の稚魚が生まれ始めたので、今年も少し確保しておこうと別容器で育て始めた。稚魚をしっかり育てるためには数時間おきに餌をやる必要があるんで、今年は100均時計で自動給餌器を作ることにした。このサイズの100均時計はすべて構造が同じなので特別な工具無しに簡単にばらせる。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-01 メダカ稚魚自動給餌器-20170521-02

手持ちの材料では下敷きが加工しやすそうだったんで丸い容器を型にしてハサミで丸くカット。中心にクオーツの軸を通す穴をあけた。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-03 メダカ稚魚自動給餌器-20170521-04

下敷きで作った文字盤の端に12時、2時、4時と2時間ごとにスリットを作った。それをクオーツに両面テープで固定した。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-05 メダカ稚魚自動給餌器-20170521-06

短針の先に柔らかい板状スポンジを二つ折りにして取り付ける。スポンジに切れ込みを入れて元に戻る力で文字盤に押し付けられるようにする。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-07 メダカ稚魚自動給餌器-20170521-08
メダカ稚魚自動給餌器-20170521-09

電池を入れて、スリットの前に粉末状のエサを置いて実験。2時間ほど経つとみごとにスリットから下にエサが落ちてる。大丈夫そうだ。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-10 メダカ稚魚自動給餌器-20170521-11

稚魚の容器に乗せるために割りばしと板で台も作った。これで完璧。全部でだいたい45分ぐらいで出来た。わりと簡単だったな。

メダカ稚魚自動給餌器-20170521-13

エサやりの手間は減らないけど、少しずつ短い間隔で給餌できるんでちょっと安心かな。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

単毛丸の花が咲いた

美花角につづいて短毛丸の花が咲いた。1輪だけど美花角の花より大きくてさらにゴージャスだ。

短毛丸の花-20170506-01 短毛丸の花-20170506-02

短毛丸の花は立体的で花の後ろ側にも花びらが広がってて綺麗だ。それにすごくいい香りで、香りが部屋に広がってる。

短毛丸の花-20170506-03 短毛丸の花-20170506-04
短毛丸の花-20170506-06 短毛丸の花-20170506-07
短毛丸の花-20170506-08 短毛丸の花-20170506-09

今年は初めて美花角と短毛丸が同時に咲いたんで、並べて鑑賞してる。短毛丸の花は一日で終わってしまうんで貴重なツーショットだ。

短毛丸の花-20170506-10 短毛丸の花-20170506-11


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

サボテンの美花角の株分け

去年の秋にサボテンの美花角の子株を取って株分けを試してた。半年経って暖かくなってきたんで植え替えをしてみた。親株の美花角は伸び放題でいつか仕立て直しをしようと思ってるんで、その前にと半年前に脇芽の部分を株分けしておいた。

美花角の株分け-20170505-01 美花角の株分け-20170505-02

脇芽をつまんでくるくる回してとってやる。だいたい3、4cm程度の子株だ。それをさかさまにしてちぎった部分を日光に当てて2日ほど乾かす。

美花角の株分け-20170505-03 美花角の株分け-20170505-04
美花角の株分け-20170505-05

完全に乾いたらおまじないとしてメネデール100倍液に数時間付けておいた。それと株の下に水分があるのと無いのとで根が生える早さに違いがあるっていう情報があったので、半分は株下に離してキッチンペーパーを敷き、常に水を含ませておいた。

美花角の株分け-20170505-06 美花角の株分け-20170505-07

1ヶ月経つと少ししぼんで小さくなった。裏返してみると小さな根が生えてる。これで植え付けても大丈夫そうだ。株下に水分があるのと無いのとでは根の生え方に特に差はなかった。

美花角の株分け-20170505-08 美花角の株分け-20170505-09
美花角の株分け-20170505-10 美花角の株分け-20170505-11

ただ、多くの根が外に出ないで株の中を走ってるっぽい。これは根は活発だけど土に埋めてなかったからより暗い株の中を進んだんじゃないかと思う。

美花角の株分け-20170505-12

根が出てきたのを確認できたんで鉢に植え付けた。まだ根がちょっと出てただけなので用土は赤玉土小粒のみにした。このとき11月だったんで、このまま特に水も遣らずに春まで放っておいた。

美花角の株分け-20170505-13 美花角の株分け-20170505-14

5月に入って暖かくなってきたんで根の確認と合わせてちゃんとした用土に植え替えることにした。赤玉土の鉢に植えてちょうど半年後だ。一緒に短毛丸の子株も植え替えた。植え替えは生育がいい同種寄せ植えに。短毛丸単独の子株が、ずいぶん後に株分けした寄せ植えグループに追い抜かれてるんでね。

美花角の株分け-20170505-15

鉢から出してやると根がびっしり。丁寧に株ごとに分けてやるとこんな感じにそれぞれしっかり根が生えてるんで、株分けは成功したと言える。

美花角の株分け-20170505-16 美花角の株分け-20170505-17

用土は美花角と短毛丸用にブレンドして作る。比率は、赤玉土小粒5、完熟たい肥2、牛糞堆肥2、ピートモス1で、これに骨粉を少々加えたもの。

美花角の株分け-20170505-18

用土を入れて、美花角も同種寄せ植えにレイアウトした。いつものように赤玉土小粒をふるいにかけてごく小さな赤玉土でマルチングした。土の乾き具合がわかりやすいんでね。

美花角の株分け-20170505-19 美花角の株分け-20170505-20

2株ずつ3鉢に植え替えて作業終了。短毛丸は単独だったものを3株の寄せ植えに変更した。今後の成長に期待しよう。

美花角の株分け-20170505-21


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

美花角の花が咲いた

今年も美花角が立派な花を咲かせた。うちのサボテンの中では一番乗りだ。

美花角の花-20170503-07

花の大きさ、色、形とすべてゴージャス。一時期、美花角じゃなくて草木角なんじゃないかと思ったりしたけど、サボテン専門店でまったく同じ花のサボテンが「美花角」で売ってたんで、美花角ってことに落ち着いた。交配した亜種なんだろう。まあ、どっちでもいいんだけど、これまでの記事を打ち直すのが面倒なんで。

美花角の花-20170503-02 美花角の花-20170503-04
美花角の花-20170503-05 美花角の花-20170503-06

今、この美花角を株分けしてる。そっちもそろそろ植え替えるんだけど、また鉢が増えるなー。でも美花角は増やしたい。それともうすぐ短毛丸の花も咲きそう。今つぼみがぐいぐい上がって来てるからさ。そっちも楽しみ。

短毛丸のつぼみ-20170504-01


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム