タイヤ空気圧を測るエアゲージを修理してみた

先日、タイヤの空気圧をモニタリングするTPMSを導入するときに発覚したエアゲージの故障を修理してみることにした。問題のエアゲージは写真の右の黒いデコボコのカバーが付いたやつ。同じタイヤを測定してるのに、左の正しい方は265kPaで、右の故障してる方は360kPa。約100kPaも違う。

エアゲージ修理-20170910-01
エーモン工業 エアゲージ 6781
エーモン工業 エアゲージ 6778

リセットボタンを押してエアーを抜いても針がストッパーのある30kPaのところまで戻らず、110kPaを指してる。どうやら針の0位置のズレが原因のようだ。

エアゲージ修理-20170910-02

修理のためにとりあえず分解してみる。外周の黒いラバーの部分は引っ張るだけで外れる。裏のネジが見えるけど今回は外す必要はなかった。

エアゲージ修理-20170910-03 エアゲージ修理-20170910-04

ガラス面を外すために枠を外してやる。はめ込んでいるだけなので、フチをマイナスドライバーで押し出してやるだけでいい。

エアゲージ修理-20170910-05

針を動かしてみるとどうやら0位置がズレてるので間違いなさそう。普通の時計の針と同じで軸に針をはめてるだけなので、真上に引っ張って針を外した。

エアゲージ修理-20170910-06

0位置を合わせるために、正しいエアゲージと同じタイヤを測って、針を正しい位置を指すようにはめてやる。今回は室内保管してる冬用タイヤで調整した。保管のためエアーを抜いてるんで110kPaだった。

エアゲージ修理-20170910-07

後は逆の手順で組み立てて修理完了。リセットするとストッパーのところまでちゃんと針が戻ってる。

エアゲージ修理-20170910-08

リセットしてエアーを抜くと一瞬で針が戻ってストッパーにぶつかるんで、針が緩んでズレたんだと思う。今回はしっかりはめてやったけど、もともとズレる構造をしてると思う。まあ、またズレても修正すればいいんだけどね。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

ワイヤレスでタイヤの空気圧をモニタリングする機械(TPMS)を付けてみた

車のタイヤの空気圧ってときどき気になるんだけど、気軽に測れない。というのもうちの駐車場は傾いていて正しい空気圧が測れないから。パンクを経験したこともあるんだけど、それより空気圧の低下によるタイヤの片減りを防ぎたいから空気圧を定期的に知りたい。ということで常に空気圧をモニタリングできるTPMSを買ってみた。

買ったのはこれ。TW400ってソーラーワイヤレスTPMS 本体はダッシュボードの上に置くだけ。各タイヤのセンサーは空気を入れるバルブのフタを外してはめるだけっていう簡単さと値段が安くなってきてるから。6,350円なら買ってみてもいいかなって値段だ。

TPMS TW400


箱を開けると結構気の利いた付属品がある。ダッシュボードに本体を置くための滑らないマットや、USBから充電する場合のためのケーブルとシガーソケット用のUSB充電器など。

tpms-tw400-20170910-01 tpms-tw400-20170910-02

サイズはこんな感じ。特に事前に情報を集めたのが、センサーサイズと重量。実際の商品で計ってみると、センサー直径は2.3cm、重量はナットを含めて10gだった。ホイールバランスのウェイト1個分ある。センサーを取り付けるとホイールバランスが崩れるのがちょっと気になる。

tpms-tw400-20170910-05 
tpms-tw400-20170910-03 tpms-tw400-20170910-04

空気圧が指定範囲を外れるとアラームが鳴らすことができる。左のボタンを長押しして設定モードに入り、まずは下限、次に上限を設定する。とりあえず、下限を200kPa(20bar)、上限を350kPa(35bar)にしておいた。

tpms-tw400-20170910-06

センサーをタイヤに取り付ける前に空気圧を調整しておく。うちのタイヤが扁平率が大きいので空気が抜けることも考えていつも270kPaにしてる(車の指定は240kPa)。空気入れで270kPaに調整して、念のため手持ちのエアゲージも確認する。すると、値がおかしい。360kPa?? エーモンの600円弱の激安タイヤゲージだけど評判は良いやつ。

tpms-tw400-20170910-07
エーモン工業 エアゲージ 6781

もう1つのエアゲージで確認してみると、ちゃんと270kPaある。これもエーモンのエアゲージだけどまだ買って間もないやつ。小さい方はいつも車に積んでるから、もう一つ欲しいと思ってかったもの。ということは、安い方が壊れてるのか。

tpms-tw400-20170910-08
エーモン工業 エアゲージ 6778

センサーの取り付けは、まず、バルブのフタを外してから付属品のナットをはめる。これはセンサーが緩まないようにするためのもの。軽く奥まで入れておく。次にセンサーをはめる。少し回すとバルブの空気が抜け始めるがそのままねじ込んでいくとすぐに止まる。ねじ込み量は結構少ない。なので、バルブが長いとセンサーが外に大きく飛び出て格好悪くなると思う。

tpms-tw400-20170910-09 tpms-tw400-20170910-10

先にはめたナットを付属のスパナで外す方向に回してセンサーを内側から締めつけて緩まないように固定する。最後にエア漏れがないかチェックするため石鹸水をかける。泡立たなければ問題無し。ベランダのアリんこ撃退のための食器用洗剤3倍希釈霧吹きが意外なとこで役立った。それとちょうどバルブの後ろに見えてるウェイトを1個取りたい気分。

tpms-tw400-20170910-11 tpms-tw400-20170910-12

フロント右側にちょうど良い平面スペースがあるのでそこに設置。車を少し走らせるとセンサーが自動でオンになって全てのタイヤのデータが表示された。エアゲージで計った値と比べて約-20kPaの誤差がある。もう少し誤差が小さいと良かったんだけど。調整する機能は無さそう。+20kPaと覚えておこう。

tpms-tw400-20170910-14

取り付け後のタイヤはこんな感じ。やや目につくかな。目立つほどじゃないけど。白い文字はマジックで塗ってみた。写真ではまだ文字が見えてるけど実際はもっと黒くて目立たない。黒い屋外用カッティングシートを貼っら完璧かも。

tpms-tw400-20170910-15 tpms-tw400-20170910-16

とりあえずこれで作業完了。しばらく運用して様子を見てみる。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

真夏の緑化センターに行ってきた

8月の終わりに真夏の広島県緑化センターに行ってみた。今まで暑いからってことで夏に行ったことないような気がする。木々が鮮やかな緑色で木陰が涼しくて気持ちいい。真夏だけど標高が高いからか昼でもそんなに暑さを感じなかった。
広島県緑化センター

緑化センター-20170910-01 緑化センター-20170910-02

真夏だとあまり花は見当たらない。「あ、花が咲いてる」って近づいてみるとだいたいサルスベリだ。白い花が多いけどときどきピンク色のものもあった。

緑化センター-20170910-03 緑化センター-20170910-04
緑化センター-20170910-05

管理事務所前のオオモミジも青々と茂ってる。道を挟んで向かいの斜面にはハナゾノツクバネウツギがいっぱい咲いてる。

緑化センター-20170910-07 緑化センター-20170910-06

管理事務所前の生垣に何かの草の花が咲いてた。後で調べてみるとヘクソカズラってつる性の多年草。葉っぱがくっさいらしい(笑) 知ってればこのとき嗅いでみたのに。

緑化センター-20170910-08 緑化センター-20170910-09

これは薬草園の上層の苔が生えているあたりに咲いてたオタカラコウ。高さが150cmぐらいあってけっこう立派な植物だ。

緑化センター-20170910-10 緑化センター-20170910-11

オタカラコウの手前の雑草地帯を下っていると小さな白い点々が目についた。よく見ると小さな花が咲いてる。いろんな雑草が生えてるんじゃなくて一種類の草が群生してる。これはマツカゼソウで、花の大きさが数ミリという小ささ。

緑化センター-20170910-12 緑化センター-20170910-13

他にも何か咲いてるかもと辺りを観察してたら、緑の中にひときわ目立つ真っ黒な何かに目が留まった。よく見てみるとキノコ。黒い、それも超真っ黒なキノコだ。高さ3cmほど。黒いキノコを調べてもなかなかわからなかったけど、どうやらこれはアカヤマタケのよう。キノコは古くなったり傷んだりすると黒くなるらしい。それにしてもすごく真っ黒だ。

緑化センター-20170910-14 緑化センター-20170910-15

他に目についた数少ない花。建物の裏に張り付いてたノウゼンカズラとレストハウス横の池の向かいの道の生垣に咲いてたキョウチクトウ。キョウチクトウは全身毒を持ってて、周りの土にも毒がある植物らしい。

緑化センター-20170910-16 緑化センター-20170910-17

今回の散歩中に目についたトンボや蝶。植物園はどこもトンボをよく見る。
緑化センター-20170910-18
ミヤマアカネ(これから赤くなる)
緑化センター-20170910-19
オオシオカラトンボのメス?
緑化センター-20170910-20
オニヤンマ
緑化センター-20170910-21
アカトンボ(種類不明)
緑化センター-20170910-22
ヒメアカタテハ

他には池のカメがやたらと元気だったなー。ミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)が多いけど、クサガメも少しいた。デカイミシシッピアカミミガメが3匹足元にやって来た。エサくれかな?

緑化センター-20170910-23 緑化センター-20170910-24

ハーブの花も咲いてた。水色の花はローズマリー。うちにも咲いてる。赤と青紫の花はセージ。

緑化センター-20170910-25 
緑化センター-20170910-26 緑化センター-20170910-27

夏の緑化センターはこんな感じだった。花が少ないから夏に行くなら散歩メインかな。それと暑い日は避けた方がいい。この日もレストハウスでお昼を食べたんだけど、かき氷が結構売れてた。今回も最後にアンケートを書いて花の種をもらって帰った。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

お風呂でテレビ見るために買ったタブレット

去年の年末に防水タブレットを買ってた。お風呂でテレビやビデオを見るため。前に使ってた防水無線テレビの調子が悪くなってしばらく経ってたんで。購入したのはのauブランドの8インチタブレットのQua tab PX(LGT31)。製造は韓国LG。年末の安いときに新品未使用品を1万5000円ぐらいのを買った。ポイントたっぷりついたんで実質1万3000円ぐらい。

タブレット-20170902-01 タブレット-20170902-02
AU Qua tab PX(LGT31)


ネットやらゲームやらをやることが目的じゃないんでアプリもほとんど入れてない。逆に動作を軽くするためにほとんどのアプリを削除した。購入から不要アプリ削除まで参考にしたのが下のサイト。
auタブレットまとめ

それで、テレビやビデオを見るために購入したアプリがこれ、TV Suite。初めてアプリを購入した。テレビが見れる仕組みは、ハードディスクレコーダーのチューナーをwifiで外部から操作して映像を送らせるっていういもの。TV Suiteの操作可能機器のリストにうちのハードディスクレコーダーがあったんで購入した。

タブレット-20170902-03

このアプリを使ってテレビやビデオを見るんだけど、操作にちょっとくせがある。どっかのマニュアルに書いてあるかもだけど、探して読むのが面倒なんで(^^;

デバイスリスト → ハードディスクレコーダー → チューナー を選ぶ
タブレット-20170902-04
タブレット-20170902-05
タブレット-20170902-06

するとここで読み込み状態で止まるんで、下の元に戻るボタンをタップ。すると読み込みが中止されるので、左にスワイプしてLiveTVの画面に切り替える。

タブレット-20170902-07 Screenshot_2017-08-30-19

タブレット-20170902-09

地上デジタルを選ぶとテレビ局一覧が出るので好きなのを選ぶとテレビが映る。

タブレット-20170902-10 タブレット-20170902-11

ハードディスクレコーダーに録画したビデオを見るときは、最初のデバイスリストから機器を選んでフォルダーをたどって行くと、録画フォルダにあるファイルリストが見れる。あとは選べば見れるんだけど、ファイルが多いと探すのがたいへん。

タブレット-20170902-12 タブレット-20170902-13

そのときは画面を左にスワイプしてVideosの画面にすると右上に検索ボタンがある。タイトルの一部を入力して検索すると便利だ。

Screenshot_2017-08-30-18 Screenshot_2017-08-30-15
Screenshot_2017-08-30-16

このタブレットのおかげでお風呂にゆっくり入れる。すぐのぼせちゃうんで我慢できずにすぐに湯船からあがっちゃうんだけど、これがあればゆっくりつかっていられる。今は、ジップロックに入れて使ってる。裸だと水滴に反応して映像が止まったりするんで。それとうちはWifiを11acの高速なものを使ってる。映像は転送量が多そうなんで11bとかだとちょくちょく止まるんじゃないかな。

Screenshot_2017-08-30-17

ジップロックに入れるなら防水じゃなくてもって思うかもしれないけど、防水じゃないタブレットをジップロックに入れて風呂に持ち込むと、いつ結露で壊れてもおかしくないんでやっぱ防水じゃいないと。冬だと一発で壊れそう。防水なんでレシピを表示させてキッチンで使ったりもしてる。丸洗いOKだから汚れても気にならない。


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

恒例のモンステラの背を下げる植え替えをした

先延ばしになってたモンステラの背を下げる植え替えをした。新しく出た葉が色が濃くなって固まったんで実行した。

モンステラ-20170722-01

60cmのステンレス物差しで鉢のふちにそってガリガリやって、苦労して株を鉢から引っこ抜いた。今回も根鉢の上から3分の1のところをのこぎりでカット。

モンステラ-20170829-02 モンステラ-20170829-03

今回、この鉢に植え替えることにした。アップルウェアーのスポットシリーズで底が外れる鉢。これまで同じ型の果樹鉢310型って黒い鉢を使ったことあるけど、果樹鉢は黒しかないんでグリーンのバラ鉢12号にした。大きさは果樹鉢365型と同じ。今使ってる12号鉢より少し小さいんだけど、今後の植え替え作業が楽そうなんでこれにした。

アップルウェアー スポットシリーズ
モンステラ-20170829-04 モンステラ-20170829-05

鉢底石と赤玉土中粒を薄く敷き、株を奥にレイアウトした。18cmぐらい下がりそう。

モンステラ-20170829-06 モンステラ-20170829-07

用土は、アバウトに赤玉土中粒、赤玉土小粒、鹿沼土、ピートモスを1:1:1:1で作って、元肥にマグァンプ大粒を適量混ぜ込んだ。

モンステラ-20170829-08 モンステラ-20170829-09

棒で突いて隙間なく用土が入るようにする。最後に赤玉土小粒でカバーして完成。表層を赤玉土オンリーにすると用土の乾き具合はわかりやすい。

モンステラ-20170829-10 モンステラ-20170829-11

根をカットしたんで、葉も剪定しておいた。最後にメネデール100倍液を遣って元の位置に戻して作業完了。

モンステラ-20170829-12 モンステラ-20170829-13


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム