FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ PAGE TOP |

メインPCのミドルケースを小型ケースに替えてみた

最近、部屋の整理をしてるんだけど、ついでにPCもダウンサイジングすることにした。ここのところ超小型PCに結構触れてるんでメインPCのデカさが気になってしまって。

PCケース小型化-20181021-01


現在のサイズはミドルケースで普通なんだけど、足元に置いてると12cmファンが2個ついてて、そのファンの風が足にあたってちょっと気になってた。中に入れてるマザーボードはMicroATXなんでMicroATXで小さいケースを探して恵安のKT-MB103に行きついた。5千円で電源付き(^ ^)

PCケース小型化-20181021-02 

元のケースも新しいケースも電源位置が一般的なものと違う。元のケースは背面だけど一番下に配置されてる。新しいPCでは小型電源が上部の前側に配置されてる。

PCケース小型化-20181021-03 PCケース小型化-20181021-04

KT-MB103は光学5インチベイのカバーフレームを外すと電源にアクセスできる。電源も外すとこんな感じ。

PCケース小型化-20181021-05 PCケース小型化-20181021-06

当たり外れがあるって話の電源ファンはこれ。20mm厚の8cmファン。この厚みの8cmファンはあんまりラインナップが無いんで、静音化を図るなら15mm厚のファンでやることになる。25mm厚は入らない。

PCケース小型化-20181021-07

ハードディスクを入れるとこういう配置。その上に光学ドライブが来る。事前の情報通り、光学ドライブがUSB3.0のコネクタと干渉する。光学ドライブの前後の位置もケース側の穴を加工して調整することになった。ちなみにこの光学ドライブの奥行きはちょうど17cm。

PCケース小型化-20181021-08 PCケース小型化-20181021-09
PCケース小型化-20181021-10 PCケース小型化-20181021-11

無理やり入れた光学ドライブだけどコネクタに良くなさそうなんで最終的には光学ドライブ無しにした。今どき光学ドライブを使う機会なんて皆無だし。USB接続の光学ドライブ持ってるから問題無し。

PCケース小型化-20181021-12

引っ越しはつつがなく終了。電源を入れてみるとファンは結構静かだ。だけど普通に使用してるとうるさくなってきた。風切り音が気になる。ということで電源ファンは15mmの静音ファンに変えた。さらに静かになって満足(^ ^) 静音化には結構こだわるんで。

このメインPCのCPUはCore i7-3770。第3世代CPUだけど、i7なんでまだまだパワフル。これより速いCPUって世代の新しいi7しかないんで大金を払わないといけない。今は第9世代でi9ってのも出てるけど。なのでまだまだ現役だ。


スポンサーサイト
| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

食器棚の扉が自動で閉まらなくなってたんで直してみた

食器棚の片方の扉の蝶番(ちょうつがい)のバネが壊れてしまってて、最後のまで押して止めてやらないときっちり閉まらなくなってた。いつか直そうと思ってずいぶん長い間放置してたんだけど、とうとう直してみることにした。

スライド蝶番-20181010-01 スライド蝶番-20181010-02

これがスライド蝶番(ちょうつがい)という蝶番で、閉めるとき最後にバネの力で勝手に閉まるキャッチ付き。そのバネが壊れてる、上下2カ所とも(^ ^; そこで、カップ径26mmのキャッチ付き全かぶせスライド蝶番を購入した。

スライド蝶番-20181010-03 スライド蝶番-20181010-04

同じスライド蝶番を買えばいいんで、カップ径を測ってネジ止めの数を確認して同じ規格のものを購入。選び方は以下のサイトやショップの販売ページの説明がわかりやすい。

ゆるやかライフのおすすめ生活品 スライド丁番は自分で取り替えられますよ



側板側の中央のネジを外してスライドすると蝶番が分離して扉が簡単に外せる。

スライド蝶番-20181010-05 スライド蝶番-20181010-06

壊れてるパーツを外して新しいパーツをはめてやる。規格化されてるんでピッタリ。

スライド蝶番-20181010-07 スライド蝶番-20181010-08

扉側の新しいパーツは元のパーツの跡の中央位置に合わせてやるとあとが楽。

スライド蝶番-20181010-09 スライド蝶番-20181010-10

扉の傾きをネジで調整して完成。これで最後まで自動できっちり閉まるようになった。ドライバー1本の簡単作業で気分すっきり(^ ^)

スライド蝶番-20181010-11


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

いつものモンステラの植え替えをしてみた

大きい方のモンステラ、前回の植え替えから1年を過ぎてるんで天井に付きそうになってる。天気もいいし、植え替えをしてみた。

モンステラ植え替え-20181008-12

前回の植え替えでは底が外れる鉢に変えてみたんだけど、鉢が一回り小さくなったんで後になって株の大きさに対してちょっと小さいかなーと思うようになってた。そこで、その前まで使ってた鉢の底をくりぬいて底板を用意した改造鉢に植え替えることにした。この改造した鉢はもう一つのモンステラで既に使ってる。

モンステラ植え替え-20181008-02

鉢を少し傾けて体重をかけると底板が持ち上がる。それを繰り返していくと簡単に株を鉢から取り出せた。

モンステラ植え替え-20181008-03

根鉢の上から3分の1のところでカットする。ハサミで根を切りながら土ごと切って、茎は固いんでノコギリで切った。

モンステラ植え替え-20181008-04 モンステラ植え替え-20181008-07

新しい鉢の底に薄く用土を敷いて切った株を入れる。そこに用土を入れていく。用土は鹿沼土がなかったんで1つ前のブレンドにした。赤玉土中粒、小粒、ピートモス、バーク堆肥を1:1:1.5:0.5を目分量で大雑把にブレンドし、そこに元肥をテキトーに混ぜ込んだもの。

モンステラ植え替え-20181008-08 モンステラ植え替え-20181008-09

最後にいつものように表面に赤玉土小粒を敷いて完成。これで土の水分が一目でわかる。

モンステラ植え替え-20181008-10

根を減らしたんで葉も剪定。3枚にしても良かったけど1枚はまだ出たばかりの葉なんで4枚にした。

モンステラ植え替え-20181008-11

これで完成。慣れた作業なんで2時間ですべて終了。ホントは半年ぐらいでやって背をもっと下げたいんだけど、いつも1年以上経ってしまう(^^;


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

リンゴのパウンドケーキを作ってみた

近所のスーパーにリンゴがたくさん並んでたんで1個買ってきてリンゴのパウンドケーキを作ってみた。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-01

リンゴのパウンドケーキ
パウンドケーキ型 テフロン型で容量900ccぐらい
卵 M2個
グラニュー糖 60g
薄力粉 140g
無塩マーガリン 80g
焼きリンゴ
 リンゴ 1個
 グラニュー糖 40g
 白ワイン 30cc


リンゴの3/4を縦長の板状に切り、残りをブロック状にしてフライパンに敷き詰める。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-02 リンゴのパウンドケーキ-20180918-03

そこにグラニュー糖、白ワインを加えて落し蓋をしてしんなりするまで7~8分ほど煮詰めてやる。溶かしたマーガリンも用意して下準備完了。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-04 リンゴのパウンドケーキ-20180918-05

卵をボウルに割り入れ、ハンドミキサーで軽く角が立つ程度まで泡立てる。そこに薄力粉、溶かしたマーガリンを2回に分けてくわてざっくりと混ぜ、ブロック状にしたリンゴを混ぜ込んだら、型に流し込んでやる。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-06 リンゴのパウンドケーキ-20180918-07
リンゴのパウンドケーキ-20180918-08 リンゴのパウンドケーキ-20180918-09

生地の上に板状に切ったリンゴを綺麗に並べて、オーブンで焼き上げる。170度で20分、アルミホイルをかぶせて160度で30分。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-10 リンゴのパウンドケーキ-20180918-11

焼きあがったのがこれ。あんまり膨らんでない。久々に作って忘れてたけど、生地に混ぜ物を加えたらベーキングパウダーを使った方が無難っていうのを思い出した。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-12

失敗したなーと思いながらラップに包んで冷蔵庫で一晩寝かせておいた。それを切ったのがこれ。

リンゴのパウンドケーキ-20180918-13

予想に反して、普通に美味しかった。ちょっと固めなパウンドケーキって感じで失敗ってほどじゃなかった。リンゴが甘くトロトロですごくイイ。ケーキ自体も甘いんでオレにとっては少し甘すぎるけど。美味しかったけど、もう一回ちゃんと膨らんだものを作り直そうと思った(^^;


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |

さっぱりツナサラダパスタを作ってみた

急にさっぱりしたものが食べたくなったんでサラダパスタを作った。基本はイタリアンドレッシングを使うレシピなんだけど、イタリアンドレッシングが無い。そこで、オリーブオイルとお酢から作ることにした。

ツナサラダパスタ-20180917-01

ツナサラダパスタ(1人分)
パスタ ヴォイエロ1.4mm 100g(5分)
ツナ 水煮1/2缶
レタス 適量
オイルソース
 オリーブオイル 大さじ1
 お酢 大さじ1(お好みで量を調整)
 玉ねぎすりおろし 1/8個ぐらい
 塩 少々
 コショウ 少々
生トマトソース
 トマト 1個
 オリーブオイル 小さじ1
 塩 少々
 コショウ 少々


オイルソースはオリーブオイルとお酢を1:1を基本に味を調整してやる。今回はやさしいお酢を使ったんで、酸っぱさが弱いからオイルとお酢が1:2かそれ以上。そこに玉ねぎのすりおろしを入れ、最後に塩コショウで味をととのえた。

ツナサラダパスタ-20180917-03

生トマトソースはトマトを7mm程度のブロック状に切って、オリーブオイルを加え、こちらも塩とコショウで味をととのえた。

ツナサラダパスタ-20180917-02

ツナは水煮のもので、小皿にとってスプーンの背で押して水気をよく切っておく。

ツナサラダパスタ-20180917-04

これで下準備ができた。

ツナサラダパスタ-20180917-05

パスタを茹で始めたら、オイルソースをフライパンで軽く煮詰める。パスタを茹でるのは4分と短いのでこのタイミング。

ツナサラダパスタ-20180917-06 ツナサラダパスタ-20180917-07

パスタが茹で上がったらフライパンに移し、オイルに絡めたら、レタスを加えて軽く火を通してやる。

ツナサラダパスタ-20180917-08 ツナサラダパスタ-20180917-09

皿に盛りつけたら、真ん中を少しへこませてツナで土手をつくる。その内側に生トマトソースを盛って完成。

ツナサラダパスタ-20180917-10

さっぱりした中にツナやトマトの甘みがあって食べごたえのあるパスタができた。レタスが少ししんなりしてしまったけどすごくおいしかったんで満足(^^)

ツナサラダパスタ-20180917-11


| trackback:0 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

わっかー@

Author:わっかー@
しかし、長いことハマチを食べていない。

最新記事

カテゴリ一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。